ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

設備カルテシステム

保守作業支援サービス

設備のメンテナンス情報を集中管理
いつでもどこでも確認でき、突発的な保守作業にもスムーズに対応

サービスの概要

設備カルテシステムは、保守対象となる機器の構成情報、ドキュメント、点検・交換履歴など、保守に関するナレッジを一元管理します。
それらの情報を都度更新・蓄積し容易にアクセスを可能とすることで、設備保全・保守業務全体の効率化を図ります。

保守サービス会社としてのノウハウを生かした機能の提供

特長

ドリルダウンによる必要情報への容易なアクセス

サイト情報→設備情報→部品情報など、おおまかな情報から順に掘り下げて表示することができ、わかりやすいユーザーインタフェースを提供します。
※下図はイメージです。

ドリルダウンによる必要情報への容易なアクセスイメージ

5W2H管理によるインシデント情報の有効活用

インシデント情報は、5W2H[Why(なぜ?)/What(何を?) / When(いつ?)/Who(誰が?)/Where(どこで?)/How(どうやって?)/How much(いくらで?) ]で管理することができます。これによって、さまざまな観点からの分析や検索に活用することができます。

点検情報の共有

設備に関する点検実績情報を登録して関係者間で共有し、引継ぎ事項などを確認することができます。

交換部品の予算化

設備における交換部品の交換周期から、毎年の保守予算を算出できます。

取扱情報と画面遷移

設備・機器情報、ドキュメント、障害情報をサイトごとに蓄積、確認することができます。

取扱情報と画面遷移

画面例

部品の交換周期表

設備の交換周期から交換予定を計算して表示できます。

部品の交換周期表

インシデント管理

インシデントを5W2Hで登録・管理することができます。
また、設備に関する情報を登録して関係者で共有、引継ぎ事項などの確認ができます。

インシデント管理

設備のトレンドグラフ

設備に関する点検数値のトレンドグラフ表示や、当社現場作業支援システムでの実績データを表示します。(画面から項目設定可能)
また、設備からのIoTデータを表示できます。(オプション)

設備のトレンドグラフ

基本機能

機能 概要
設備管理 ●設備情報の管理
●設備全体のイメージを表示して、配置されている機器を表示
機器管理 ●機器情報の管理
●機器の交換周期予定の管理
(機器の交換実績に基づいて、次回交換予定を計算して表示)
ドキュメント管理 ●取扱説明書
●点検報告書
●出張処理票
●顧客提出書類
●社内報告書など
現地連絡表
(点検結果報告)
●現地連絡情報の管理
(不具合、事故、その他顧客からの連絡事項など)
マスタ管理 ●設備情報(イメージ、設備名称)
●機器情報(機器名、型式、詳細情報、交換周期)
●設備配置
●機器配置情報管理
システム連携 ●作業・工程管理
●部品管理(在庫、入出庫、手配)
●現場作業支援

サービスメニュー

サービス 内容
クラウド型 設備カルテシステムを、クラウドサービスとしてご提供します。短納期や低コストでサービスを開始することができます。
オンプレミス型 お客さまのシステム環境に設備カルテシステムを構築して、運用するサービスです。データを自社環境内に留めたい場合や、カスタマイズしたい場合におすすめです。