ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

現場作業支援システム

保守作業支援サービス

設備点検に使用している報告書などの保守・点検記録をデジタル化
作業効率の向上や働き方改革に貢献

近年、タブレットやスマートフォンなどの急速な普及に伴い、産業設備における保全、保守作業現場でも、業務効率の向上、働き方改革に対応する目的でモバイル端末を活用し、現場データをデジタル化したいというニーズが高まっています。 また、2017年4月から国土交通省営繕工事において、現場撮影の省力化や写真整理・写真帳管理の効率化および信ぴょう性確認機能(改ざん検知機能)を有するソフトウェアを使用して、撮影後の不正を検知し信頼性確保を図るために、 デジタル工事写真の小黒板情報電子化の運用が始まったことから、工事に限らず、設備保全、保守の現場でのモバイル端末活用もさらに加速することが予想されています。

サービスの概要

当社は、従来、設備点検に使用している表計算ソフトによる帳票や報告書をモバイル端末で作成して、クラウドで情報共有を可能にするといったサービス環境を提供します。*
例えば、モバイル端末のカメラで撮影した測定計器の値を報告書へ自動反映することや、現場写真撮影時には電子小黒板の取り込みを可能にするなど保守・点検記録をデジタル化。 報告書作成作業にかかっていた作業員の負担を軽減することで、作業効率の向上と働き方改革に貢献します。 また、クラウド環境での情報共有が可能なため、サーバ管理に発生する手間の削減や省力化、迅速な情報共有を実現します。

*
本サービス環境は、サブスクリプションサービス(月額課金制・年会費制)として提供しています。詳細については、当社営業までお問い合わせください。
*
本サービスは、株式会社ユニフィニティーが提供するノンプログラミング・モバイルアプリ開発環境『Unifinity Platform』[Studio、Player(ライブラリ)を含む製品]を採用しています。
『Unifinity』は、株式会社ユニフィニティーの登録商標です 。

特長

迅速な情報共有を可能にする汎用性の高いデジタルデータ管理システム

表計算ソフト(Microsoft Excel)による報告書や小黒板情報フォーマット作成、現場での点検時入力データ、写真データなど形式が異なるデータにも対応しています。 また、これらのデータをクラウドに登録することができるため、デジタルデータでの迅速な情報共有や活用を支援します。

簡易な操作性と利便性を実現

作業前に点検画面をモバイル端末にダウンロードしておくことで、電波の届かないオフライン環境での作業も可能にします。
また、電子小黒板撮影機能によって、現場での黒板掲示作業を省力化します。なお、 J-COMSIA(一般社団法人 施工管理ソフトウェア産業協会)「デジタル工事写真の高度化に関する協議会」で定められた検定に合格済みの改ざん防止機能を搭載していることから、信頼性が確保されており、写真データを電子納品できます。

保守作業時間を約10%以上短縮(当社実績)

設備の点検現場において、モバイル端末での点検リストのチェックや手書きサイン入力、カメラ撮影などの機能を活用することで、その場で報告書作成ができるため、報告書作成作業にかかっていた作業員の負担を軽減し、作業効率の向上と働き方改革に貢献します。 なお、本サービスは、すでに日立パワーソリューションズの保守サービス業務に取り入れており、作業時間を10%以上短縮(当社実績)しました。

さまざまな保守作業支援サービスとの柔軟な連動性

当社、保守支援ソリューション「サイトリミックス」が提供するさまざまな保守作業支援サービスと連動させることによって、 設備カルテシステムと紐付け、履歴データとして管理することができるなど、保守の高度化や点検作業時の迅速な意思決定、効率的な保守計画に貢献します。

電子小黒板の撮影事例

電子小黒板を使用しない場合、以下の左写真のように工事情報を記載した小黒板を入れてデジタルカメラで撮影しており、作業者・撮影者・黒板を支える担当者の3名の人員が必要でした。 一方、電子小黒板を使用した場合、ソフトウェアに入力した工事情報が、デジタル写真に組み込まれるため、以下の右写真のように撮影時に黒板を持つ補助員が不要となり、点検作業員を削減するとともにその場で報告書を作成できます。

手書き黒板を使用した例
手書き黒板を使用した例
(作業者+撮影者+黒板を支える担当者:3名)

電子小黒板を使用した例
電子小黒板を使用した例
(作業者+撮影者:2名)

測定値のカメラ撮影で報告書に自動記録

デジタルマルチメータなどの測定計器をカメラで撮影して、その結果を自動で報告書に登録できます。 事務所などに戻らず、その場で自動で報告書を作成できるため、作業員の負担を軽減できます。

モバイル端末での現場作業支援システムの操作イメージ

モバイル端末での現場作業支援システムの操作イメージを説明資料で紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

現場作業支援システム モバイル端末での点検操作概要

基本機能

機能 概要
点検報告画面 ●Excel帳票を変換してモバイル端末の点検報告画面として活用
●QRコードを利用した帳票の選定
●前回測定値データの参照とトレンドグラフ表示
作業品質向上 ●入力データのしきい値チェック
●測定計器類を撮影した写真の画像解析によるデータの読み取り
写真データ活用 ●電子小黒板を活用した点検記録撮影
●画像データへの書き込み、点検結果への写真データの添付
ドキュメント保存 ●モバイル端末への関連ドキュメントの保存
電子承認・回覧 ●報告書への電子サイン
●報告書の電子承認・回覧機能
通信 ●オンライン状態でデータをダウンロードして、オフラインでも使用可能
●アップロードするとモバイル端末内のデータを削除
セキュリティ ●ログイン時の二要素認証(ユーザーパスワード+SMS認証コードによる認証)
●モバイル端末でのデータ保存は、暗号化して保存
データ保存 ●点検結果の帳票(PDF形式)、点検結果のテキストデータ、画像(JPEG形式)
進捗管理 ●現場到着から作業終了までの動態の登録が可能

サービスメニュー

サービス 内容
クラウド型 現場作業支援システムを、クラウドサービスとしてご提供します。短納期や低コストでサービスを開始できます。
オンプレミス型 お客さまのシステム環境に現場作業支援システムを構築し、運用するサービスです。データを自社環境内に留めたい場合や、カスタマイズしたい場合におすすめです。
  • その他、帳票作成サービスなど、導入支援や運用に応じたメニューがございます。
  • Microsoft Excelは、アメリカ合衆国 Microsoft Corporation の、アメリカ合衆国およびその他の国における登録商標または商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。