ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

PLMソリューション
部品表管理/BOMシステム
「PowerBOM」

PLMソリューション

製造業の多くで活用されている部品管理表(BOM)。しかし、多くの製造業では部門ごとに管理方法が異なり、部品管理表が共有できていないため、全社一元管理が難しいなど、さまざまな課題を抱えています。
モノづくり企業でもある当社が開発した部品表管理/BOMシステム「PowerBOM」は、現場の課題を解決してきた経験とノウハウを反映し、さまざまなケースに対応した汎用性および利便性の高い管理機能を搭載。
「PowerBOM」を基軸としたPLMソリューションで情報の一元管理(CAD/PDM、図書管理システム、生産管理システムとの連携を含む)はもちろん、生産プロセスのフロントローディング化を図ることで、後戻り作業を軽減し、リードタイムの短縮化を実現します。

図:PLMソリューションで情報の一元管理

図:ソリューションの概要

PowerBOMの特長

設計部門と購買/生産部門との情報連携

「PowerBOM」を利用すると、設計部門で管理する設計BOM(E-BOM)と、購買/生産部門で管理する生産準備BOM(P-BOM)の一元管理が可能となり、部門間の情報伝達がシームレスになります。

従来の管理方法(個別のデータベースで管理)

図:従来の管理方法(個別のデータベースで管理)

PowerBOMでの管理方法

図:PowerBOMでの管理方法

製品管理~構成管理~製造番号管理への情報展開

「PowerBOM」を利用すると、製品が持つ各種情報、製品を構成するユニットや部品の構成情報、製品が各オーダーごとに展開される製造番号情報をすべて紐づけた管理が可能となり、相互参照が可能になります。

従来の管理方法(個別のデータベースで管理)

図:従来の管理方法(個別のデータベースで管理)

PowerBOMでの管理方法

図:PowerBOMでの管理方法

既設周辺システムとの連携

「PowerBOM」はBOMに特化したシステムであり、汎用性が高いシステムです。既設の周辺システム(表計算ソフトなど)による入出力での連携や、URL連携、さらにはオプション機能やカスタム対応によって相互連携も可能としており、周辺システムのリプレースやバージョンアップの影響を受けないシステム構築が可能です。

従来の管理方法(個別のデータベースで管理)

図:従来の管理方法(個別のデータベースで管理)

PowerBOMでの管理方法

図:PowerBOMでの管理方法

各部門BOMの統合管理

「PowerBOM」を利用しない部品表管理の場合、設計部門で管理する設計BOM(E-BOM)と、購買/生産部門で管理する生産準備BOM(P-BOM) は各部門ごとに管理され、設計部門で情報を更新しても、購買部門や生産部門にはリアルタイムの情報が伝達されません。

設計部品表(E-BOM)

設計部品表は一般的に、設計部門が製品の構成や員数を管理するために利用します。

図:設計部品表(E-BOM)

生産準備部品表(P-BOM)

生産準備部品表は一般的に、購買部門や生産部門が、製品を製造するために必要な部品や材料の購入情報を、サマリー型で管理するために利用します。

図:生産準備部品表(P-BOM)

PowerBOMによる統合部品表(E-BOM & P-BOM)

「PowerBOM」を利用すると、設計部門で管理する設計BOM(E-BOM)と、購買/生産部門で管理する生産準備BOM(P-BOM)の統合管理が可能となり、設計部門が更新した情報をリアルタイムに確認しながら、購買部門や生産部門が、購買/生産情報を入力することが可能です。

図:PowerBOMによる統合部品表(E-BOM & P-BOM)

設計BOM(E-BOM)と生産準備BOM(P-BOM)は、それぞれ履歴管理されており、設計部門が編集中に、購買/生産部門が同時編集することも可能です。

図

製造番号BOM

「PowerBOM」では、構築した製品構成(E-BOM、P-BOMを含む)を製造番号で展開すると、展開した時点(製品を出荷した時点)の製品構成を製造番号BOMとして保管(スナップショット)することが可能です。なお、製品構成は継続して編集可能です。

図

表計算ソフトのような画面仕様

「PowerBOM」では、表計算ソフトのような画面レイアウトと操作性を採用しているため、これまで汎用的な表計算ソフトを利用してきたユーザーでも、抵抗感をあまり感じることなくお使いいただけます。

図

設計BOMと生産準備BOMを1画面に表示することで、同時編集・参照が可能です。後工程で前工程の情報を再入力するという重複作業が不要となるため、入力ミスを防止できます。さらには、設計BOMと生産準備BOMを同時に編集できるため、作業効率の向上が図れます。

図

システム構成例

設計部門で扱うCADデータから生産部門で扱う生産管理システムまで、部品情報を一元管理し、各種情報を連携します。

図

システム構成例と導入事例

代表的なPLMソリューション構成例

図:自動車部品製造業【課題】部門ごとに重複したデータが管理され、最新情報の取得が困難。【解決】営業部門情報~生産部門情報まで連携したシステムで最新情報の一元管理を実現し、部門を横断して最新情報の取得が可能となった。

図:産業機器製造業【課題】紙が正式図書であり、流用設計や情報検索などの作業効率が低下。【解決】 CAD/PDMとBOMを相互連携したシステムで電子データを正式図書とした運用を実現し、スムーズな流用設計や情報検索が可能となった。

図:産業機器製造業【課題】CADデータ、部品表の管理が曖昧で、オーダーごとに部品情報を生産管理システムへ手入力し工数が増大。【解決】 BOMと生産管理システムを相互連携したシステムによって、CADデータから生産管理システムまで一気通貫した情報管理を実現。

図:産業機器製造業【課題】オーダーごとに部品情報を紙図面で管理しており、下流部門への情報伝達は紙媒体であり、部門間での最新情報の管理が曖昧。【解決】基本構成からオーダーごとの製造番号BOMを生成し、生産管理システムまで一気通貫した情報管理を実現し、部門間で最新情報が明確化。

図:産業機器製造業【課題】製品の構成管理ができておらず、部品の共有化もできていない。また部品と図面の紐づけもできておらず情報管理が属人化しており個人負荷が増大。【解決】製品の構成管理を実現させ、各部品に図面を紐づけて管理し、BOMのワークフローに図書管理システムを連動させることで、各情報の一元管理を実現。

図:構造物工事業【課題】オーダーごとに部品情報をゼロから入力しており、同じ部品情報が多重に生成されデータが乱立。【解決】部品マスタから、見積、発注に使用する部品情報を引き当て、全オーダーに対して一気通貫した部品管理を実現。

PowerBOMの機能一覧

  分類   機能 製品BOM 設計BOM 生産
準備
BOM
製品
番号
BOM
その他 備考
1 マスター管理 1-1 採番(意味なしコード)  
  • 意味ありコードの体系としない採番
1-2 検索/表示  
  • 属性をキーとして検索し表示する
1-3 品番の追加/修正/削除    
  • 設計する上で必要な品番(製品/部品)、生産する上で必要な品番(副資材/梱包材)を任意に追加/削除し、品番属性の修正を行う
1-4 属性の権限の登録と管理    
  • 属性の編集権限(編集/参照)を定義する(管理者機能)
1-5 ユーザー管理        
  • ユーザーIDの追加/修正/削除を行う(管理者機能)
1-6 外部ファイル保存/読込    
  • 各種マスター情報を表計算ソフト/CSVファイルで保存/読込を行う。
    外部ファイルで編集した情報読込も可能
2 構成管理 2-1 部品表構成の編集    
  • 製品を構成するユニット品の追加/削除、設計BOM/生産準備BOM構成の追加/更新/削除を行う
2-2 製番BOM生成        
  • 生産準備BOMから製番BOMを生成する
2-3 外部ファイル保存/読込    
  • 各種構成情報を表計算ソフト/CSVファイルで保存/読込を行う。外部ファイルで編集した情報読込も可能
2-4 正/逆展開表示(ツリー表示)    
  • 任意品番を指定し、下位構成(正展開)/上位構成(逆展開)をツリー表示する(製造番号BOMは正展開だけ)
2-5 部品表への生産要件の割り当て        
  • 品番、工程、生産場所、部品購入先、外注加工先などを登録する
2-6 生産準備BOM情報表示        
  • E-BOMにリンクした生産準備BOMを表示する
3 部品表流用管理 3-1 設計部品情報のコピー(流用)      
  • 指定した品番情報を元に新規品番構成を流用生成する
3-2 流用元品番管理機能      
  • 流用元となる品番を属性で管理する
4 製品管理 4-1 製品情報の属性管理      
  • 製品情報の属性を管理する
4-2 製品情報の構成管理      
  • 製品情報の構成を管理する
4-3 製品情報の編集      
  • 製品情報を編集する
4-4 外部ファイルからの読込      
  • 製品情報を表計算ソフト/CSVファイルで読み込む
4-5 製品バリエーションマトリックス(1レベル限定)表示      
  • 製品バリエーションを1レベル限定でマトリックス表示する
5 ワークフロー管理 5-1 ワークフロー申請・処理の管理      
  • オプション機能
5-2 メール通知      
  • オプション機能
6 製造番号管理 6-1 製番の属性管理      
  • 製造番号情報の属性を管理する
6-2 製番の構成管理      
  • 製造番号情報の構成を管理する
6-3 製番情報の編集      
  • 製造番号情報を編集する
7 ドキュメント管理 7-1 図面・仕様書ドキュメントのリンク    
  • 保管場所をフルパスで管理し、ドキュメントの表示を行う
8 設計変更管理 8-1 版管理      
  • 設計変更時の版(バージョン、リビジョン)を管理する
8-2 正式リリース      
  • 設計変更終了時に正式リリースする
8-3 変更情報出力      
  • システム外への変更点情報を出力する
8-4 設計変更差分比較      
  • 設計変更点の差分を比較して表示する
9 コスト管理 9-1 製品ユニット単位のコスト積算        
  • 生産準備BOMで管理されているコストを製品ごとに積算する
10 システム連携 10-1 PDM/3D-CADからの構成情報登録      
  • PDM/3D-CADが出力した構成情報をCSVファイルで読み込んで登録する
10-2 生産管理システムへの品番情報出力        
  • 生産管理システムで必要な品番情報を出力する
  • Excelは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

導入から稼働まで柔軟にサポートします

図:設計部品表(E-BOM)