ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

CAD/PDM
設計支援システム構築カスタマイズ

PLMソリューションにおけるCAD/PDM

設計、製造、販売といった製品ライフサイクル管理(PLM)において、ライフサイクル全体に関わる設計データを作成するCADと、データ・利用プロセスを管理するPDMは、PLMの中核となる重要なアプリケーションです。
PDMはデータ管理のための排他(チェックイン/チェックアウト)機能・流用設計・履歴管理・ワークフローといった機能を備えており、CADデータと合わせて関連図書なども一元管理することが可能です。
CADデータの用途は多岐に渡り、PDMの導入は、業務プロセス・運用ルールなどを検討し、業務に合わせた設定・構築が必要になります。
当社では、PDM導入に関してお客さまとともに業務プロセス・運用ルールの整理、ルールのドキュメント化、環境設定・構築などを支援します。

図:PLMソリューションにおけるCAD/PDM

●CADデータと関連ファイルをPDM内で一元管理。履歴・バージョン管理も可能。

●PDM内のファイルに対する編集の排他制御機能あり。

●CADの属性(図番、品名など)をキーとした検索機能あり。

システム構築/カスタマイズ

システムを構築するうえで、汎用ソフトではお客さまの業務プロセス・運用ルールに適応できないことがあります。
当社では、お客さまの業務プロセス・運用ルールに合わせて汎用3D-CAD、汎用PDMをベースにカスタマイズを行い、システムを構築します。汎用3D-CAD、PDMをより有効活用する場合や作業の効率化を推進する場合に有効です。

カスタマイズ事例

カテゴリ カスタマイズ事例 効果など
プロパティ連携 CADのプロパティと図面の部品管理表、PDM上の属性情報を連携 CAD形状、図面、そのほか下流情報との不整合回避
自動設計 指定したスペックに対応するパーツを組み合わせ、アセンブリを自動作成、寸法を自動設定 標準化、単純作業化によるスピード化、工数削減、コストダウン
情報出力 部品の構成情報、質量・体積、プロパティ情報などをリスト化し出力 情報の一元化、可視化
コスト、標準作業工数(ST) CAD形状/フィーチャ情報から標準作業工数(ST)を算出 設計時コスト、標準作業工数の把握による計算合理化
専用メニュー化 専用の作図/モデリングコマンド作成 操作の効率化、ハイブリッド化、汎用性を維持
形状の利用
  • アセンブリ形状を分解し、組立手順作成、組立時の干渉チェック、指示書作成
  • 梱包や部品組み込みに必要なサイズ計算
組立指示、板金などのデータ作成、3D単独図による製作指示
システム間連携
  • CADデータと図面管理システムの連携
  • 表計算ソフトとCAD部品表の連携
ワンインプット実現による作業効率化、情報多重化防止、一気通貫のデータ管理、転記ミスによる後戻り防止
可視化
  • CAD形状を利用した時系列の工事/建築シミュレーション
  • 物資や重機の搬出入/配置シミュレーション
  • 光線トレースによる密閉漏れ検出
可視化、検討・試作工数の低減

対象ソフトウェア

CAD関係 SOLIDWORKS、Creo、NX、AutoCAD、Brics-CAD、MicroStation
PDM関係 SOLIDWORKS PDM
その他 お問い合わせください
  • SOLIDWORKS、SOLIDWORKS PDMは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、Dassault Systèmesまたはその子会社の登録商標または商標です。
  • Creoは、PTC Inc.(米国および他国の子会社含む)の商標または登録商標です。
  • NXは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。
  • AutoCADは、米国および / またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。
  • BricsCADは、Bricsys NVの登録商標または商標です。
  • MicroStationは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。

PDM(SOLIDWORKS PDM)

現在では、3D-CADを利用した設計が定着しつつありますが、それらの情報(CADデータ)が共有フォルダに散在していたり、個人管理で煩雑になっているために効率的な設計ができていないとよく伺います。
当社では、データ管理システムとしてSOLIDWORKS PDMを採用し、その導入をサポートします。
3D-CADのSOLIDWORKSとデータ管理システムのSOLIDWORKS PDMとを組み合せることによって、情報共有、部品の標準化、履歴管理、 セキュリティなどを実現し、短時間でより品質の高い設計と製品開発が可能になります。

SOLIDWORKSのデータ管理

図:SOLIDWORKSのデータ管理

SOLIDWORKS PDMは、SOLIDWORKS特有の参照関係(アセンブリ、図面、部品)やコンフィグレーションをサポートでき、日々の設計仕掛管理、リリース後のデータ管理を可能とします。また、リビジョンによる最新版管理によって、古いデータの誤使用を防げます。

審査承認(ワークフロー管理)

図:審査承認(ワークフロー管理)

SOLIDWORKS PDMのワークフロー機能によって、データのリリースや、設計変更プロセスをシステマティックに処理します。既存のメールなどを利用して、承認プロセス作業が迅速、かつ正確に行われます。

当社オリジナルサービス:クイックスタートパック

クイックスタートパックによって、より早く、より簡単にをモットーにSOLIDWORKS PDMの導入をサポートします。

図:当社オリジナルサービス:クイックスタートパック