ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

X線照射装置 MBRシリーズ

産業用X線検査装置

装置の概要

X線照射装置は、主に動植物への照射を対象とした実験・研究用途専用の装置です。
マウス、培養細胞、微生物、植物などを対象にX線を照射します。

特長

  • 長時間連続照射が可能で、さまざまなX線条件に対応できるように、低線量型と大線量型の2タイプの装置を用意してます。
  • 線量計による線量管理が行えます。
  • 5種類のX線フィルタを準備しており、実験に必要なX線を得ることができます。

主な機能

●X線防護構造

X線装置からの漏えい線量1μSv/h以下。X線作業主任者の選任は不要。

●線量計標準装備

X線線量計をリアルタイムで計測し、設定した線量で自動にX線を停止します。また、X線照射中に線量率・積算線量を表示します。

●インターロック機構

扉開放中はX線照射を停止。照射中は扉を電磁ロック。

●ターンテーブル標準装備

X線照射をより均一にするターンテーブル機構を標準装備。スイッチで回転ON/OFFを切り替えます。

●停電保持機能

X線照射中に停電などで電源が切れた場合でも続きから照射可能

●プリセット機能・履歴機能

X 線照射条件(管電圧、管電流、照射線量)とプリセットと履歴のそれぞれ50件まで登録可能。

●自動エージング

未使用時間に応じてエージング(準備運転)を行います。

MBRシリーズ

MBR-1618R-BE画像
MBR-1618R-BE

MBR-1618R-BE

MBR-1520R シリーズの後継機種で、3,000W 出力タイプの照射装置です。
3,000W まで出力可能なため、広範囲に高い線量でX 線照射ができます。

●電動昇降テーブル

ターンテーブルの高さを電動で調整できます。
資料室の扉に観察窓が付いており、内部の状態を確認することができます。

●オプション

 ■フィルタ電動切替機能

  資料室の扉を開けることなくフィルタを変更できます。

MBR-1605R-BE

MBR-1605R-BE画像
MBR-1605R-BE

MBR-1505シリーズの後継機種で高出力管電圧・電力、さらに管電圧・管電流の設定がより細かく設定でき、X線照射能力の幅が広がりました。
また、X線照射はタイマー方式のほかに設定したX線線量で自動で停止させる機能もあり、線量管理が行えます。

●高線量率照射

できるだけ照射口に近づけて高線量率照射を実現しました。
細胞や植物のような小さく、かつ、高線量照射が必要な場合に有効です。

MBR-1605R

MBR-1605R画像
MBR-1605R

硬X 線出力タイプの照射装置です。
一般的な室内のアース付きコンセントを使ってX 線照射ができます。

仕様

  MBR-1618R-BE MBR-1605R-BE MBR-1605R
X線発生装置 最大管電圧 160kV
最大管電流 30.0 mA 12.5 mA 10.0 mA
最大出力 3,000 W 800 W 800 W
漏れ線量 1 μSv/h 以下
電源 AC200V (6kVA以上) AC100V (1.5kVA×2口または3kVA以上) AC100V (1.5kVA以上)
  • テストルーム
  • 製品サポート