ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

導入提案~保守サービス

豊富な経験と実績をもとに、ガスコージェネレーションシステムと非常用・防災用自家発電装置、BCP対応ピークカットディーゼル発電装置の導入計画の初期段階からお手伝いします。導入時に、必要な基本的な説明から、導入時の効果、建物の規模に適したシステムなどについて検討し、提案から施工・試運転・保守サービスまでをワンストップで提供します。

設備導入時の提案・サポート

お客さまのご要望や各種データからさまざまな解決方法をご提示します。それぞれのシステムや機器のご説明から始まり、最適機種・台数・設置方法や排熱の有効利用など、実績や予想データからシミュレーションを行い、現地調査などを活用して、最適システムをご提案いたします。また、非常用・防災用自家発電装置の発電機容量計算を行い、最適機種選定のお手伝いもいたします。すでに発電設備をお持ちのお客さまについても、最新機種への更新検討などのお手伝いをさせていただきます。

据え付け、現地施工、試運転

当社は、これまで事業用発電プラントに関するエンジニアリングに深く携わってきました。その経験によって培ったノウハウを活用し、設備の詳細設計・機器納入・現地での工事や試運転までを、ワンストップで提供いたします。

保守・メンテナンス

ガスコージェネレーションシステム

これまで培ってきた運転・保守技術とICT分野の新技術を適用し、システムの保守管理業務を提供します。例えば、ガスコージェネレーションシステムについては、お客さまからの厚い信頼をもとに、160台*1以上の保守契約を継続しています。メンテナンスにあたっては、豊富な部品を在庫し、システム管理を行うことで、迅速な対応を実現しています。また、遠隔監視・支援センタで発電設備の障害情報を自動受信することができ、ダウンタイムの短縮が可能になります*2。さらに、予兆診断ソリューションを活用することで、事後保全から予防保全へとサービスを進化させます。

*1
2019年時点
*2
遠隔監視のご利用には、インターネット光回線の接続が必要です。

納入実績:298台(241MW)、保守:163台(165MW)(2019年時点)


遠隔監視・支援センタ

非常用・防災用自家発電装置

自然災害などの停電に備えた非常用発電設備の性能維持を支援する「非常用発電設備包括保守サービス」を提供しています。
本サービスは、非常用発電設備を遠隔運転して稼働状態を定期的にモニタリングするほか、点検記録データの解析によって、故障や不具合の発生兆候を診断*1して迅速な予防保全につなげることで、設備の健全性を維持します。 また、故障や不具合の発生を確認した際の駆けつけサービスに加え、定期点検*2、点検計画立案、法定届出書類作成などの保全管理業務を当社が代行することで、設備管理に関するお客さまの負担を軽減します。 本サービスによって、停電発生時に非常用発電設備を正常起動させ、確実な電源確保をサポート。BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対策やライフラインの維持に貢献します。

*1
特許取得済み:特許第6722339号
*2
半年に1回の法定点検とメーカー推奨点検の総称

主なメニュー

  1. 遠隔運転サービス(1回/月)
  2. 非常用発電設備に通信装置を設置して、日立パワーソリューションズ大沼工場から高速回線を通じた遠隔運転によって、バッテリーの電圧状態や発電電圧の基準値到達までの所要時間などの稼働状態を定期的にモニタリングすることで、健全性の確認、管理負担を軽減します。

  3. 保守計画立案・実行サービス
    データ蓄積・解析サービス
    駆けつけサービス
  4. 遠隔運転によるモニタリング結果を含む点検記録やメンテナンス記録を一元管理し、蓄積データを解析することで故障や不具合の発生兆候を診断し、その結果を保守計画に反映します。 万一、兆候を確認した場合には、サービスエンジニアを派遣し、迅速なメンテナンスで故障や不具合の発生を回避することで、性能維持を支援します。

  5. 定期点検業務代行サービス
    点検報告書データ共有サービス
  6. これまで設備オーナーが行っていた定期点検計画や法令に基づいた届出書類などの作成、点検記録データ管理などを専門的な知見を持つ当社が業務代行するとともに、豊富な実績と経験を有した高品質な保守技術で、非常用発電設備による電源確保の信頼性を高めます。

非常用発電設備包括保守サービス概略図

非常用発電設備包括保守サービス概略図