ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

製品概要

一般的なMRP(資材所要量計算)に加え、作業時間、生産ロットサイズなどを製造能力/設備負荷に応じて調整しながら中日程計画を立案するための生産計画支援ツールです。

JoySchedulerシリーズ導入手順

標準機能

生産数量の自動算出と調整機能(自動計画立案)

所要量計算機能によって、在庫を加味した生産必要数を自動算出します。

アラーム機能(計画結果の判定)

自動算出された生産計画について、材料不足や設備負荷オーバーの警告を、アラーム一覧画面で確認できます。

納期回答機能(顧客サービスUP)

計画結果を基に、オーダーに対する出荷可能日を一覧表で確認できますので、納期調整の判断が迅速にできます。

マスタ管理情報の簡略化(業務効率UP)

管理情報を最低限に絞り込むことで、マスタ運用管理を簡便化できます。

中期計画のための集計機能(計画レンジの変更)

シフト/日単位の計画データを週単位や月単位に集計する機能を利用して、計画レンジの異なる生産計画の作成がスムーズに行えます。

情報連携(業務システム化)

生産計画に必要な情報は、テキスト形式のファイルで管理されますのでマスタ情報の管理はもちろん、オーダー連携や計画結果の連携などもスムーズに行えます。

動作環境

対応OS Microsoft Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2008/Windows Vista/Windows7
ミドルソフト Microsoft .NET Framework Runtime 5.0以上
ハードウェア
  • 上記OS.ミドルソフトが快適に動作可能なパーソナルコンピュータ
  • USBポート(ライセンスキー用)
*
Microsoft Windows2000, Windows XP, WindowsServer2008, Windows Vista, Windows7, Microsoft .NET Framework Runtimeは、米国およびその他の国における米国Microsoft Corporationの商標または登録商標です。

画像イメージ


メイン画面(生産計画表)


資源負荷チャート


在庫チャート


アラーム画面


集計画面

価格(税抜)

JoySchedulerCRP 120万円/1本 (2本目以降別途)
*
記載の金額は2011年5月現在のパッケージソフトウェアの価格です。導入・立ち上げまでの支援費用などは別途お打ち合わせ後にお見積もり致します。