ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

装置の概要

X線液面検査装置 画像

連続して充填される飲料容器を生産ライン上で検査し、充填物の入り味不良を選別・排除します。
液面検査幅が広いため、容器のキャップ上部からネックリング下まで、広範囲に検査できます。
レベルチェック対象容器種類すべての検査条件を、簡単な操作で変更することができます。

特長

  • 缶・ボトル缶・ペットボトル・ビン・紙パック・ホット充填容器など、さまざまな容器の液面検査に対応します。
  • コンパクトな筐体(MLS-35A比)に大型液晶画面を搭載し、液晶画像表示付き高精細機種MLS-25Sを投入しました。
  • オプションにてフィラーバルブごとの液面判定結果を記録することができ、充填量の均一化で製品品質向上をサポートします。

MLSシリーズ仕様

 

MLS-25S
MLS-25S

MLS-15R3
MLS-15R3

MLS-35A
MLS-35A/MOS-35A

対象容器 缶、ボトル缶、ペットボトル、ビン、紙パック、ホット充填容器
静止判定精度[mm] ±0.15 ±0.3
処理能力[CPM] 900 (オプション 2,000対応) 2,000
操作画面 10型カラー 6型カラー 8型カラー
液面判別幅[mm] 24 30 50
X線画像表示 疑似カラー 疑似カラー
X線液面画像保存出力 USBメモリ メモリカード
登録容器数 128種 64種
トレーサビリティ 生産本数、不良総数などUSBメモリ出力
(ご要望に応じた履歴出力対応可能)
設定された本数ごとの液面判定結果グラフ表示可
自己診断 X線出力、温度、センサ故障等を監視し異常検出
オプション 排斥装置、排斥確認フェールセーフ機能、FAネットワーク化、倒缶検出、
制御盤クーラー(MLS-15R3、MLS-25Sはクーラー別置き)
検査画像表示 検査画像表示
フィラーバルブ管理
重量[kg] 180kg 260kg
  • テストルーム
  • 製品サポート
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。