ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

設備とシステムと人をつなぎ、稼働の最適化に貢献

インフラ施設や製造現場でもデジタライゼーションが進み、保守や運用の分野でも、変革が起こり始めています。私たちは、稼動状況の見える化、遠隔地からの作業支援、保守で得た情報の活用など、自社設備の安定稼働のための課題を、デジタル技術の活用によって解決してきました。その経験と実績を基に、お客さま設備の稼働の最適化を支援するソリューションがナレッジベース保守支援ソリューション「サイトリミックス」です。IoTを活用して設備とシステムと人をつなぎ、同時に収集・分析したデータを活用することで、保守の高度化・生産性向上を実現します。

見える化サービス

設備をデジタル化し、稼働状況や設備情報を管理

見える化サービス

センサーの取り付けが行われていない、あるいは取り付けが不可能な設備や機器にデータ収集機器を導入し、IoT環境を整備します。これによって現地の目視などの省略化、点在する設備の一元化が可能となり、コストの低減などにつながります。また、稼働・設備の情報や保守情報を一元管理するお客さま専用のWebサイトの活用によって、全社での情報共有も可能に。設備の保守品質・効率の向上につながるほか、ビジネスチャンスの創出にも貢献します。

予兆・予測診断サービス

設備の不具合を予測し、重大事故を未然に防ぐ

予兆・予測診断サービス

設備の想定外の故障は長期間の停止につながり、大きな損害を引き起こします。これまでベテラン保守員の経験など人に頼っていた事前の異常の検知を、設備に搭載したセンサーから自動で収集したデータの変化を自動診断技術によって検出、不具合が発生した場所を早期発見するのが予兆・予測診断サービスです。「HiPAMPS PRO」の導入によって、故障発生時期を数値化して予測。計画的な設備メンテナンスを行い、損害を防止します。

遠隔監視・支援サービス

お客さまの設備の高度化と安全稼働を支援

遠隔監視・支援サービス

24時間365日の設備監視は負荷を考えると難しい、夜間の勤務や休日の急な呼び出しを少なくしたい、といったニーズに応えるサービスです。お客さまの設備と監視サーバをオンラインで結び、遠隔監視・支援センターで24時間365日体制で監視。監視サーバで収集した設備情報は専用のWebサイトにアップします。設備の正常稼働を見える化できることで生産効率の向上、保守コストの低減などに貢献します。

保守作業支援サービス

保守作業を効率化して生産性向上を支援

保守作業支援サービス

「現場作業が終わったら、事務所に戻らず現場で報告して作業完了したい」「なれない機器の保守作業を遠隔から支援できないか」「保守部品の会計残高と実在庫を差分ゼロ化したい」といった保守作業の生産性向上に応えるサービスです。当社の保守部門で使用している保守ツールを提供いたします。

構造化情報一元管理技術(SIMT)

マルチベンダ化する設備情報を一元管理

構造化情報一元管理技術(SIMT)

設備のマルチベンダ化が進む中、必要とするデータ管理も煩雑化しており、必要とする時にデータが見つからないということが発生し、そのままでの保守業務は、効率も悪くなります。異なる設備や機器、管理システムのデータに識別子を付与して構造化し、必要な情報を一元管理するのがこの構造化情報一元管理技術(SIMT)です。この技術を活用することによって、管理の異なるデータやファイルを構造的に集約・蓄積することでナレッジベースを構築することが可能に。保守業務が飛躍的に高度化します。