ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

サービスの概要

当社は、長年にわたり電気設備(受変電設備・ パワーコンディショナなど)や監視装置の保守業務を実施してきました。
そこで培った知識と技術力で、太陽光発電設備の長期間にわたるO&Mサービスを提供いたします。

特長

O&M業務

当社では稼働監視や運転実績の管理などの運転支援業務を行います(オペレーションサービス)。

発電所で障害が発生した場合には、24時間365日稼働している当社の遠隔監視センタで障害情報を受け付けます。
受け付けた警報は当社担当部署に連絡され、緊急出動などの対応を取ることで、ダウンタイムの短縮化に貢献します(メンテナンスサービス)。

【図】太陽光発電設備オペレーション&メンテナンス(O&M)サービス 概要図

PCS:Power Conditioning System

窓口の一本化

太陽電池モジュール、受変電設備、パワーコンディショナ、空調機、集電箱、接続箱、気象計器、PCS収納パッケージなどの 太陽光発電設備は、複数のメーカーの装置で構成されているため、当社がまとめて窓口となることで、お客様の負担を軽減します。

太陽電池モジュール診断

当社独自のモジュール診断技術で明確にモジュールの状態を診断いたします。
破損・劣化したモジュールをいち早く見つけることによって発電の損失を低減し、発電効率の向上に貢献します。

保守計画支援(オーナーズサイト)

当社の「日立太陽光オーナーズサイト」で保守計画などの情報を共有し、管理をサポートします。

長期保守に対応した人財の育成

当社研修センターを活用し、太陽光発電設備の知識と技術を兼ね備えたエンジニアを育成しています。

契約実績

【図】契約実績

事例

遠隔監視・運転支援(オペレーション)

当社の遠隔監視・運転支援サービスではお客様のさまざまな課題の解決をサポートいたします。

課題

売電収入や今後の発電所の運営のために保有している太陽光発電所の故障の確認や発電電力量、稼働率の管理を行いたい。

解決

24時間稼働している当社の遠隔監視センタにて障害情報を受け付けます。障害発生時には事前に登録された連絡先へ自動でのメール通報や電話連絡も承ります。 また、運転データを記録した帳票を作成し、お客様へ提出いたします。発電電力量が低下した際は、太陽電池モジュール診断などでの分析が可能です。