ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

サービスの概要

設備をデジタル化し、稼動状況や設備情報を管理

センサーの取り付けが行われていない、あるいは取り付けが不可能な設備や機器にデータ収集機器を導入し、IoT環境を整備します。
これによって現地の目視などの省略化、点在する設備の一元化が可能となり、コストの低減などにつながります。 また、稼働・設備の情報や保守情報を一元管理するお客さま専用のWebサイトの活用によって、全社での情報共有も可能になります。設備の保守品質・効率の向上につながるほか、ビジネスチャンスの創出にも貢献します。

  • * IoT:Internet of Things

事例

さまざまな設備情報のデジタル化で稼働状況の早期検知を実現

センサーが設置されていない、または設置できない設備や機器の情報もデジタル化。設備自体を改修することなくサイト内を見える化することで管理・保守を効率化し、コスト低減に貢献します。

課題

  • センサーを付けられない設備を監視したい。
  • 設備からデータを出力できない。
  • 点在する設備も一括監視したい。

解決

  • データ収集装置の導入でIoT環境を整備し、設備の情報をデジタル化します。
  • IoT環境の整備で、現地での目視確認作業とデータの手入力を削減し、効率化します。

お客さま専用のWebサイトで設備情報の一元管理を実現

オンラインで収集した設備データ、稼動状況、設備カルテや点検結果などの保守情報、運用ノウハウなどを、お客さま専用のWebサイト「オーナーズサイト」で一元管理。前者での情報共有によって、業務の効率化はもちろん、ビジネスチャンスの創出にも貢献します。

課題

  • 設備の稼働状況をリアルタイムで確認したい。
  • 設備情報を複数の部署で共有したい。

解決

  • 収集したデータを蓄積・一元管理することで、保守情報やノウハウの共有を支援します。
  • 一元管理した情報から設備運用計画の策定を支援します。
  • 稼働状況の常時監視を通じ、保守品質・効率の向上に貢献します。