ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

サービスの概要

当社は、電力エネルギーと、社会インフラ分野を支える多くの設備の安定稼働を実現するために、早くから保守・運用でさまざまな施策を実践してきました。 稼働状況を見える化できないか、遠隔地から作業を支援できないか、保守で得た情報を活用できないか。 これらの課題を解決していく中で得た経験と実績を礎に、多様な技術を活用し、お客さまサイトの保守業務の高度化や効率向上を支援して最適化を図ることで、生産性向上を実現するソリューションがナレッジベース保守支援ソリューション「サイトリミックス」です。

IoTを活用して設備とシステムをつなぐことで、効率的かつ安定的な稼働はもちろん、収集・分析したデータや管理データ、現場ノウハウをナレッジベースとして一元管理することで、設備とシステム、そして人を効率よくつなぎます。
ナレッジベース保守支援ソリューション「サイトリミックス」を核に、保守の高度化など、プラントや設備を保有するお客さまの多種多様な保守・運用ニーズにお応えするサービスの提案で、お客さまサイトの生産性向上を通してビジネスを支援します。

設備とシステムと人をつなぎ、効率的かつ安定的な稼働に貢献する
ナレッジベース保守支援ソリューション
「サイトリミックス」

トピックス

2019年9月13日
  • 2019年10月17日(木)~10月18日(金)に開催される「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」に出展します。new:最新
2019年9月3日
2019年7月23日
2019年5月10日

特長

構造化情報一元管理技術(SIMT)によるナレッジベース活用で、“必要なときに” “必要な人へ” “必要な情報を”提供します。

〈ナレッジベース保守支援ソリューション「サイトリミックス」概要図〉

工場サイトにある設備データ、保守部品や設備カルテなどの管理データ、予兆・予測診断分析データなど、管理元が異なるデータを収集し、保守に必要となる情報として構造化して一元的に蓄積するのがナレッジベースです。 これを活用し、経営、エンジニアリング、フィールドサービスなど、情報を必要とする人へ提供することで、迅速な意思決定に貢献します。

 
  • OT:Operation Technology
  • M2M:Machine to Machine
  • O&M:Operation and Maintenance

構造化情報一元管理技術(SIMT)

  • * 「サイトリミックス」は、(株)日立パワーソリューションズの登録商標です。
  • * SIMT:Structured Identifier Management Technology:特許第4758214号
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。