ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

長期保守サービス概要

受変電設備(機器)は一般構造物とは異なり、電力の安定供給と外部からの侵入事故に対して機器を保護する各種装置が装備されており、構造も複雑になっております。 例えば、高圧ガスが充填されたガス絶縁開閉装置(GIS)、油入り変圧器、気中絶縁の配電盤(SWGR)は、取扱いに不備が生じると送電停止のみならず、災害事故に至るポテンシャルも含んでおります。 したがって保守業務においては機器構造、機能を熟知した技術員の配置が必要不可欠です。
お客様の受変電設備が長期間に渡り安定した電源供給ができるよう、保守契約期間の保守提案から現地点検、障害発生時の対応(初動対応)を弊社専門技術者がサポートいたします。

特長

障害等による停電のリスクを低減

受変電設備の保守・点検は、常に設備を良好な状態に維持するうえで必要不可欠な業務であり、設備の延命化が期待できます。
経験と実績によって培われた技術者による点検で、障害等による停電を未然防止し、リスク低減が図れます。
万一、障害が発生した場合でも技術者を派遣し、調査等の初動対応を行います。

保全費用の予算化が容易

受変電設備の保守・点検は、1回/年の年次点検、1回/3年の普通点検、1回/6年の細密点検を提案しております。
したがって年度ごとに点検メニューが異なり、保全費用が変動します。
長期保守契約をすることで、各機器ごとの点検メニューや周期交換部品、概算金額等を事前にご提案し、計画的な保守計画を可能にします。
また、年度ごとに変動する保守費用を定額にする契約も可能なことから、保全費用の予算化が容易になるメリットがあります。

保守費用のイメージ
保守費用のイメージ

長期保守計画のイメージ
長期保守計画のイメージ

保全計画の一括管理

各機器に合わせた点検メニューの選定、周期交換部品の提案、各機器ごとの状態に最適な提案等は点検を熟知した弊社であるからこそ可能であり、保全計画から現地作業、次回保全計画への反映までを総合的にサポートし、受変電設備を一括して管理します。
点検時に部品の交換または修理が必要となった場合でも、製造メーカーと連携し速やかに対応いたします。
(部品交換、修理は、契約内容によって別途見積対応となることがございます。)

適用分野

  • 機電
  • 交通
  • 公共
       など