ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

全国の上下水道プラント・空港・鉄道、他公共機関などの制御関連システムおよびデータセンタを主な対象とした現地試運転、保守サービス事業を展開し、プラントの予防保全・長期安定運用に努めています。
国内/海外の事業用発電プラントの各種制御装置試験、計装品計画・設計、現地試運転、定期点検を担い、重要な社会インフラである電力の安定供給に大きく貢献しています。

保守サービス対象機器


上下水道プラントほか各種制御システム

  • 受配電設備・制御盤
  • ポンプ用速度制御装置
  • 産業用回転機速度制御装置
  • PLC(Programmable Logic Controller)

データセンタ、変電所、太陽光発電所などのパワーエレクトロニクス製品

  • 無停電電源装置(UPS)
  • 周波数変換装置(FC)
  • パワーコンディショナー(PCS)

事業用発電プラント(火力、原子力、水力)の各種制御システム

保守技術・サービスメニュー

上下水道プラントを主な対象としたサービス

  • 現地試運転
  • 一括保守、定期点検、予防保全
  • 電気設備修繕工事

パワーエレクトロニクス製品の試運転、定期点検、遠隔監視

事業用発電プラント(火力、原子力、水力)設備の試運転・定期点検

計装工事の計画・設計

保守サービスを行わない場合のリスク

電気設備の点検を行わなかった場合の一例

内蔵機器の劣化・故障 → 制御対象機器の動作不良 → プラントの機能停止

UPS用蓄電池の定期交換を行わなかった場合

蓄電池の劣化 → 停電時の電力供給不可 → データセンタ停止

PCS、FCの定期部品交換を行わなかった場合

部品の劣化 → 出力停止 → 一般家庭への電力供給不備

[解説図]保守サービスを行わなかった場合の主なトラブル事例