ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

データについて

雨雲可視化ソフトウェア「DioVISTA/Storm」

当サイトで示したサンプル画像のデータについて

当サイトで示したサンプル画像は、本製品で次のデータを可視化したものです。

*1:
気象庁レーダーデータ(エコー強度)をCAPPI(Constant Altitude Plan Position Indicator)に変換。
*2:
気象庁メソ数値予報モデルの相対湿度(京都大学 生存圏データベースからダウンロード,
http://database.rish.kyoto-u.ac.jp/arch/jmadata/ )
*3:
NCEP High Resolution Global Forecast System Analysis dataset (GFS-ANL 004 (0.5 degree)) provided by the NOAA/NESDIS/NCDC/NOMADS from their Web site at http://nomads.ncdc.noaa.gov/data.php#hires_weather_datasets
*4:
NCEP Reanalysis data provided by the NOAA/OAR/ESRL PSD, Boulder, Colorado, USA, from their Web site at http://www.cdc.noaa.gov/
*5:
Ocean Surface Current Analysis (OSCAR) data were obtained from JPL Physical Oceanography DAAC and developed by ESR.

「DioVISTA」で使用する地図データに関する表示

  • この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25,000(地図画像)、数値地図50mメッシュ(標高)および数値地図5mメッシュ(標高)を使用しています(承認番号 平17総使、第635号)。

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ