ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

タクシーショットガンシステム

セキュリティ・RFID

タクシーショットガンシステム

タクシープール待機車両の円滑な運行管理を実現

駅や繁華街にタクシー車両が集中し、局地的に渋滞や騒音等の環境問題を引き起こしている場合や、空車走行によるCO2の排出は、地球温暖化の観点で重要課題であり、(1)駅前ターミナル清浄化(2)周辺道路の渋滞緩和(3)タクシー不法駐車や過剰滞留抑止対策が必要との共通認識となっています。
これを解決するのが、タクシーに小型タグを携帯させる「タクシーショットガンシステム」です。
本システムは、タクシー乗場の車両状況を把握し、リアルタイムに待機プールの運転手に待機車両情報を提供することによって、タクシーターミナルを円滑に効率的に待機運行管理することができます。
タクシー乗場の会社別利用状況を自動的に記録・蓄積できるので、利用実績に応じた課金分担が可能です。

特長

かざす行為が不要なハンズフリーながら、複数車両同時の認証が可能な機能*1も搭載。高信頼でスムーズな運用とセキュアな車両管理を実現します。

*1
約10台ほどの認証が可能ですが、電波を使用しているため、使用環境によって本来の性能を発揮しない場合があります。

複数車線での同時認証

複数車線・複数車両の同時認証も通過方向検知も可能な、通信技術を採用。ICカードでは実現できない高セキュリティの確保で、タグ不携帯車両の入場の抑止はもちろん、タグ携帯車両の入退場履歴取得などの管理もリアルタイムで実現します。

バーチャルゲートの採用

タグは、道路下に設置したアンテナで、電波を受信して感知。普段は目に触れることがないバーチャルゲートですので、そこにゲートがあることをお客様に意識させません。

タグへの3Dアンテナ内蔵

独自機能の3Dアンテナ内蔵による無指向性通信のタグを採用。車内でも安定して認証します*2ので、装置にかざすなどの行為は不要です。

*2
タグを金属製のケースに収納したり、金属製のものに接触した状態では、うまく認証できない場合があります。タグはサンバイザーに取り付けるなど、あらかじめ指定された場所に装着してください。

システムの概要

タクシーターミナル待機車両管理

第1タクシープールの他に第2タクシープールを設け、各タクシープールのポイントに認証用アンテナを設置することによって、タクシー実車時に第2タクシープール→第1タクシープール経由車であることを確認・記録します。
第2タクシープールを経由せずに直接第1タクシーターミナルに入った場合や、タクシー乗場に停車した場合に警報を表示、記録を残します。
(タクシーは第2タクシープール→第1タクシープール経由してタクシー乗場にて実車します。バーチャルゲート通過時にトリガーアンテナとタグ検知センサが検知。警報機がアラームを発します。)

タクシーターミナル運行実績管理

タクシー協会の管理部門では、タクシー稼動状況のリアルタイム表示閲覧により、下記の作業が可能となります。

  • タクシー実車の実績を自動集計します。
  • タクシー協会会員別履歴の表示・印刷ができます。
  • タクシー協会会員別請求書の発行ができます。

システム構成例

各ソリューションを組み合わせることで、駅前ターミナルのタクシーターミナル待機車両管理が確立できます。

[解説図]システム構成例

FAQ

Q1.タグの電池切れで反応しなかったら?

A1.
タグ未搭載車両として警報扱いとなります。
タグの電池(市販品:CR2032)は、標準的な利用方法で約5年です。電池の電圧低下をシステム側で検知していますので、管理部門から該当者に事前通知していただくことをお勧めします。

Q2.使用する電波が、人体に影響を及ぼすことがありますか?

A2.
本システムで用いている電波は極めて微弱で、総務省の基準を大幅に下回っています。タグ自体は、認証エリア以外で電波を発しません。

Q3.タグを紛失してしまいました。悪用される心配はありますか?

A3.
管理システムで紛失したタグのみを無効にすることができます。紛失の際に速やかに申告すれば、悪用される心配はありません。

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ