ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

製品体系・動作環境 : 製品体系

リアルタイム洪水シミュレータ「DioVISTA/FloodSimulator」

製品体系

Standard

任意の箇所の堤防決壊による氾濫シミュレーションを実施し、その結果から、「避難勧告発令対象エリア」など防災計画の立案に役立つ情報を作ることができます。

Professional

河道をモデル化し、任意の降雨データを用いて河川水位から氾濫までを連成してシミュレーションができます。これまでに経験したことのないような大雨による被害などを推定することができます。

Enterprise

短時間降雨予測データ*と実況水位データを使用して、3時間先の河川水位をリアルタイム予測することができます。氾濫の危険性をいち早く察知することができますので、住民への避難指示に活用できます。

*一般財団法人日本気象協会提供データ
機能
Standard
Professional
Enterprise
シミュレーション動作モード
24時間連続リアルタイム予測
バッチ処理
破堤シナリオ
対話型処理
堤防決壊シミュレーション
河川増水による堤防決壊までの
連成シミュレーション(破堤モデル)
シミュレーションモデルの条件設定
都市(二次元不定流モデル)
降雨データの入力・引伸ばし
盛土の作成・編集
カルバートの作成・編集
計算メッシュサイズの設定
破堤(土研破堤モデル)
破堤箇所の設定
破堤流量時系列の設定
河川(1次元不定流モデル)
河道縦横断データの入力
新規河道データの作成
河道粗度の設定
上流端流量時系列の設定
下流端水位時系列の設定
支川との合流/派川への分流の設定
防災ダムの設定
遊水地の設定
破堤箇所の設定
流域(分布型流出モデル)
土地利用に応じた土層特性の設定
分析機能
破堤から浸水までの時間のコンター作成
避難行動の危険度分布図の作成
浸水家屋・建物名のリストの作成
任意断面に沿った水位・地形断面図の作成
流域平均降雨量時系列グラフの作成
流域から河川への流入量グラフの作成
河川から氾濫原への流出量グラフの作成
表示機能
河道縦断図・横断図表示
浸水深分布の地図との重ね合わせ表示
シミュレーション結果のアニメーション表示
降雨分布の表示
落水線の表示
データ入出力機能
KMLデータ、Shapeデータ入力
氾濫結果の動画(AVI)出力、KMLデータ出力
その他シミュレーション機能
高潮シミュレーション
ダム/ため池決壊シミュレーション
地図操作
表示地図の切替え
拡大/縮小、回転、角度の変更
距離計測
面積計測

モデル手法

現象
モデル
差分化手法
流出 分布型流出モデル
(Kinematic wave法)
collocated grid,風上差分、陽解法
河川流下 1次元不定流 collocated grid,風上差分、陽解法
破堤 本間公式
氾濫 2次元不定流 collocated grid,風上差分、陽解法

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ