ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

機能 : 堤防からの洪水氾濫シミュレーション

リアルタイム洪水シミュレータ「DioVISTA/FloodSimulator」

堤防からの洪水氾濫シミュレーション

氾濫シミュレーション

堤防に設定した決壊地点に流出量を設定しシミュレーションを行います。決壊地点や流出量を変えることで、浸水のリスクを把握することができます。
2次元不定流計算によって、高速計算が可能です。

堤防や決壊箇所は地図上をマウスクリックし作成します。シミュレーション時間や計算メッシュの大きさを選択し、開始ボタンを押すだけの操作でシミュレーションを行うことができます。

<氾濫シミュレーションの手順>

[解説図]氾濫シミュレーションの手順

@地図上をクリックして堤防のポリラインを作成します。

A堤防上をクリックして決壊地点を設定します。決壊する幅と流出量を設定します。

Bシミュレーションを実行します。シミュレーション結果がGIS上に表示されます。

<シミュレーション結果表示例>

流出量を時間毎に設定したときの氾濫結果を示します。

[解説図]シミュレーション結果表示例

シミュレーション解析

コンター表示(等値線表示)

指定した浸水深と浸水領域を時間経過ごとに表示します。

コンター表示

時間毎の避難対象地域が把握でき、避難情報発表などに役立てることができます。

浸水別建物色分表示

建物立体化表示を利用して、建物1戸ごとに浸水状況に応じて色分け表示します。
(※建物情報等は住宅地図データが必要です。)

浸水別建物色分表示

浸水建物検索・一覧表示

浸水氾濫した範囲の建物を床下/床上、軒下/軒上に分類し一覧表示します。
(※建物情報等は住宅地図データが必要です。)

浸水建物検索・一覧表示

シミュレーション結果から、浸水面積、床上、床下浸水家屋数、被害世帯数などを推定し事前に避難・救護計画を立てることができます。

地形断面図の表示

任意に指定した断面情報を取得し、水深データと併せて表示することができます。

地形断面図の表示

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ