ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

めっき

表面処理(めっき・塗装)

材料の真の力を引き出す高度な技術で部品からシステムまでの表面処理にお応えします。

表面処理は、材料を有効に、より永く使うための重要な技術のひとつで、その分野は多岐にわたります。当社では、電力システムを中心に、表面処理技術を豊富に蓄積。高信頼・低コストのめっき・塗装・特殊洗浄を部材・部品への処理から、製品全体の処理(施工)までを行なっています。また、現地塗装の分野では、営業・予防保全の部門とも協力し、適切な施工方法をご提案いたします。


無電解ニッケルめっきライン


ニッケルめっきアルミ品


廃水処理設備


銅上銀めっき品

各種めっきの処理能力一覧
種別 素材 重量(Kg) サイズ(mm)
長さ 高さ
銀めっき 銅、アルミ 5,000 1,500 500 500
銅めっき 鉄、アルミ 5,000 1,500 500 500
錫めっき 2,800 2,000 200 400
亜鉛めっき 200 1,800 300 600
クロムめっき 400 1,300 400 1,000
ニッケルめっき 2,800 1,200 200 400
無電解ニッケルめっき 鉄、アルミ 2,800 1,000 1,000 500
溶融亜鉛めっき 800 2,200 800 700
酸洗浄 SUS・銅 4,000 6,000 1,000 1,000
アルカリ洗浄(アルミ製品) アルミ 1,000 6,000 1,000 1,000
リン酸亜鉛処理(ボンデ処理) 1,500 3,200 2,000 2,800


電着塗装設備


部品塗装設備


塗装試験センタ


促進耐候性試験
(光ウェザーメーター試験)

塗装評価試験設備仕様

設備名 仕様・目的
恒温恒湿槽 -40〜100℃、5〜95%RH温度湿度可変環境条件を評価
塩水噴霧試験 5%NaCl35℃の塩水噴霧条件下で腐食を評価する。
湿潤試験 49℃、95%RH条件下で腐食を評価する。
恒温槽 常温〜400℃のヒートサイクルで耐熱性を評価する。
促進耐候性 紫外線照射と結露(湿潤)のサイクル試験により劣化を評価

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ