ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

概要

各種材料および機械構造物について、各種環境下における引張、圧縮、疲労などの強度試験を実施するとともに材料および構造物の強度評価を行います。 また、プラント構造材料などの耐食性を評価するための各種試験および評価を実施します。

業務内容

引張・圧縮試験

試験片、構造物の室温〜900℃までの引張・圧縮試験ができます。

試験項目 試験温度 試験機容量
引張・圧縮・曲げ 室温 100、1,000、2,000kN
引張 室温〜900℃ 100kN

引張試験状況(室温)

板状試験片
板状試験片
(万能引張・圧縮試験機:2000kN)

棒状試験片
棒状試験片
(機械式引張・圧縮試験機:100kN)

疲労試験

各種環境下で金属材料試験片による疲労強度試験、疲労き裂進展試験および構造物の疲労強度試験ができます。また、直流電位差法(PDM)により、試験中のき裂進展をモニターすることができます。

試験項目 試験温度 試験機容量
引張・圧縮 室温、大気中 100、200、300、1,000kN
室温〜1,000℃、大気中 10、100、500 kN
回転曲げ 〜600℃、大気中 20N・m
クリープ・疲労 〜900℃、大気中 50kN

疲労試験状況(室温、高温)

高サイクル疲労実験(室温試験状況)
高サイクル疲労実験(室温試験状況)
(100kNサーボ油圧式疲労試験機)

高温低サイクル疲労試験(900℃加熱状況)
高温低サイクル疲労試験(900℃加熱状況)
(500kNサーボ油圧式疲労試験機)

配管溶接継手の4点曲げ疲労試験
配管溶接継手の4点曲げ疲労試験
(100kNサーボ油圧式疲労試験機)

 

疲労き裂進展試験とき裂進展モニタリングシステム

(a) 疲労き裂進展試験状況
疲労き裂進展試験状況

(b) 直流電位差法によるき裂進展モニタリング例
直流電位差法によるき裂進展モニタリング例(センサー取り付け状況)
センサー取り付け状況
直流電位差法によるき裂進展モニタリング例(モニタリング画面)
モニタリング画面

ひずみ測定および残留応力測定

室温〜高温(約900℃)までの静的・動的の各種ひずみ測定を実施します。 また、溶接構造物などの残留応力測定をひずみゲージ法およびX線回折法により測定します。

残留応力測定

X線残留応力測定装置
X線残留応力測定装置

ひずみゲージによる残留応力測定
ひずみゲージによる残留応力測定

金属組織観察

金属材料などの組織・破断面などの観察および評価を行います。

光学顕微鏡による観察

鋭敏化組織(みぞ状組織)
鋭敏化組織(みぞ状組織)
・鋭敏化 SUS304ステンレス鋼の
10%しゅう酸エッチ試験結果

腐食試験後の粒界割れ・硫酸・硫酸銅腐食試験結果
腐食試験後の粒界割れ
硫酸・硫酸銅腐食試験結果
(割れ深さ:約630µm)

走査型電子顕微鏡による観察

(a) 元素分析装置付走査型電子顕微鏡(SEM/EDX)
元素分析装置付走査型電子顕微鏡(SEM/EDX)

(b) ステンレス鋼の疲労破面(ストライエーション)
ステンレス鋼の疲労破面(ストライエーション)

(c) Ni基鍛造合金の応力腐食割れ(結晶粒界割れ)
Ni基鍛造合金の応力腐食割れ(結晶粒界割れ)
定荷重応力腐食割れ試験後の粒面破面

試験条件
高温循環純水中
溶存酸素 8ppm
負荷応力 1,000MPa
試験時間 620h

耐食性評価試験および評価

プラント構造材料などの耐食性を評価するための各種試験および評価を実施します。

粒界腐食試験

材料の粒界性状を以下のような試験などで評価検討します。

ビーカ装置による腐食試験
ビーカ装置による腐食試験

  • 10%しゅう酸エッチ試験(JIS G 0571)
  • 硫酸・硫酸銅腐食試験(JIS G 0575)
  • 65%硝酸腐食試験(JIS G 0571)

応力腐食割れ(SCC)試験

材料のSCC感受性を実機模擬環境下の試験で評価検討します。

隙間付定ひずみ曲げジグによるSCC試験
隙間付定ひずみ曲げジグによるSCC試験

  • 定ひずみ曲げSCC試験
  • 定荷重SCC試験
  • ステンレス鋼の応力腐食割れ試験(JIS G 0576)
  • * なお、試験の環境条件、試験期間などにつきましては別途ご相談させて頂きます。

電気化学的測定

材料の耐食性を電気化学的に、迅速に評価検討します。

電気化学的試験
電気化学的試験

  • アノード分極曲線測定(JIS G 0579)
  • 孔食電位測定(JIS G 0577)
  • 電気化学的再活性率測定(JIS G 0580)

その他

その他単独の試験(硬さ試験他)に加え、各種強度試験、腐食試験による実証試験、応力解析、寿命評価など一貫してお引き受けすることも可能ですので、お問い合わせフォームにて詳細をお問い合わせください。

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ