ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

防音エンジニアリング

防音対策/騒音対策/遮音対策

防音エンジニアリング・概要

職場での作業環境改善、騒音の規制値オーバー、工場増設の際の騒音対策、住民へのクレーム 対応、そしてISO140001取得に向けた騒音対策など、『音』の対応は多岐に渡ります。
当社はこれらのニーズに対し、騒音調査から音響予測シミュレーション、騒音・防音対策案検討・施工に至るまで 一貫した防音エンジニアリグでお客さまの課題にお応えします。

防音エンジニアリング効果適用例

防音カバー対策設計例

敷地境界付近に長さ150m、高さ8mの防音壁を設置した
結果、最大15dBの防音効果(低減効果)を得ることができました。
お客様設備|工場  実施対策|防音壁
 
※防音壁の効果についてはシミュレーションにより最適寸法を算定。

防音エンジニアリングの特長

防音エンジニアリングの特長

騒音問題にはさまざまな原因が考えられます。
 ・どの設備、どの箇所が影響しているか、わからない。
 ・どれだけ騒音を低減すればいいの?
 ・いろいろ対策したが、効果がない
 ・この機器だけを対策すると、境界線での低減効果は?
 ・防音壁の高さはどれくらいにすればいいの?
 ・増設予定だが、騒音が心配
 ・機器を収納する建物の壁構造は、これで遮音は大丈夫?
 
当社はこれらの課題に対し、適切な解決策をご提示いたします。

防音エンジニアリング適用例

防音壁最適設計

防音壁最適設計

敷地境界における騒音低減を目的に防音エンジニアリングを実施。(屋外音場シミュレーション)を行い、有効な対策方法として、『防音壁』を提案。効果予測結果および対策工事後の実測値結果をご紹介。

防音カバー設置

防音カバー設置

職場での騒音低減を目的に防音エンジニアリングを実施。(屋内音場シミュレーション)を行い、有効な対策方法として、『防音カバー』を提案。効果予測結果および対策工事後の実測値結果をご紹介。

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ