ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

部分放電診断サービス

計測診断・解析

概要

ガス絶縁開閉装置(GIS)を対象とした部分放電診断サービスです。受変電設備の絶縁劣化を非破壊、無開放、無停電で検査・診断することができ、不具合の早期発見や重大事故の未然防止などにお役立ていただけます。

特長

  1. 計測中に気中のノイズなど外部ノイズを受けにくく、信頼性の高い診断が可能です。
    異常を高感度に検出できるUHF法*1を採用しているため、外来の音・振動の影響を受けにくい診断が可能です。
    また、気中の放電信号などとは異なる周波数帯を計測するため、対象となるGISに対する
    信頼性の高い診断が可能です。
  2. ニューラルネットワークを利用した絶縁劣化要因の判定をリアルタイムで実施できます。
  3. 絶縁劣化の位置標定を行うことができます。
  4. 計測結果から、お客様設備の健全性を5段階評価し、今後の点検スケジュールを決定するためにお役立ていただけます。
*1
UHF法:Ultra High Frequency法

適用分野

  • 既設のガス絶縁開閉装置の絶縁状態確認
  • 新設のガス絶縁開閉装置の工場試験、現地据付試験時の絶縁状態検査

主な仕様

【写真】ガス絶縁開閉装置の現地診断サービス
診断装置の外観写真

【写真】UHFセンサー
センサー取付風景

システム構成
  • センサー
  • 計測ユニット
  • パソコン(診断用ソフトウェア内蔵)
寸法(センサーを除く) 縦360mm×横450mm×高154mm
質量(センサーを除く) 約12kg

導入効果

運用開始直前のGISにおいて、設備不良を事前に摘出し重大事故を未然に防止いたしました。
また、経年GISに対する定期的な診断によって安心して設備を運用いただいております。

FAQ(よくある質問)

Q1.従来からある部分放電診断技術(AE法*など)とは、どのように異なるのですか?

A1.  AE法は超音波を計測し、絶縁劣化状態をチェックする手法です。
当社が採用しているUHF法は、UHF帯の電磁波を利用して計測・診断する技術です。
UHF帯の電磁波(0.5〜1.5GHz)は、気中ノイズ(0.5GHz以下)と比較して高周波であるため、AE法に比べ、外乱の影響を受けにくいためスムーズな診断が可能です。
*AE法:Acoustic Emission法

Q2.GIS内の絶縁劣化の原因や位置標定をどのように行なうのですか?
他に装置が必要なのでしょうか?

A2.  UHF帯の電磁波の周波数成分および位相パターンによって、パソコン内で自動的に要因判定が行われます。基本的にこれ以外の装置は必要ありません。
また、故障箇所の特定は、複数の計測点での信号検出量、およびGISレイアウトから信号減衰法を利用して、実施します。この場合も、その他の装置は必要ありません。
位置を特定することによって、点検時のコスト、停電時間を低減することができます。

Q3.計測結果の5段階の評価とは、どのようにして決まるのですか?具体的にはどのようなものですか?

A3.  この評価は、リスクアセスメントと呼ばれ設備の危険度を評価するものです。
評価基準は、部分放電の信号レベル、要因、およびGISの運用形態によって算出されます。
通常、部分放電信号が検出された場合、即座に停電・点検が必要と思われがちですが、このリスクアセスメントでは、点検までの猶予または継続的なモニタリング必要性をアナウンスするため、計画的な点検工程を組んでいただくことができます。

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ