ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ

近年、製造業では、工場の海外進出や新興国企業の躍進によって、高品質な製品を安く、そして早くつくり出荷することが求められています。
この「高品質」「低コスト」「短納期」を実現するためには、部品の共通化、基幹部分の標準化、オプション部品のユニット化の推進に加え、各工程の情報共有が、生産効率を上げる重要なファクターになります。 製品情報を一元管理し、情報を共有することで業務改善を実現する、デジタルエンジニアリングを活用したPLM/BOMソリューションをご紹介します。

「PLM/BOMソリューション」概要

お客様が抱えている様々な課題

製造業では、その存在を知られている部品管理表(BOM)。 多くの製造現場では工程ごとに管理方法が異なり、部品管理表が共有できていないため、全社一元管理が難しいなど、さまざまな課題を抱えています。

モノづくり企業でもある当社が開発したBOM管理ソフトウェア「PowerBOM」は、現場の課題を解決してきた経験とノウハウを反映し、さまざまなケースに対応した汎用性の高い機能や利便性の高い管理機能を搭載。
本製品を基軸としたPLM/BOMソリューションで情報の一元管理はもちろん、生産プロセスのフロントローディング化を図ることで、後戻り作業を軽減し、リードタイムの短縮を実現します。

ソリューションの概要

製品情報の一元管理を実現

当社のモノづくり事業で得た豊富な実績やノウハウを反映して開発したBOM管理ソフトウェア「PowerBOM」で、これまで難しかった設計部品表と生産準備部品表の一元管理を実現します。
管理を一元化することで、生産リードタイムの短縮や信頼性向上に貢献します。

簡易な操作性とシステム管理を実現

BOM管理ソフトウェア「PowerBOM」は、操作性の向上とシステム管理の負担軽減を両立するスマートクライアント方式を採用。
表計算ソフトのような操作性で使いやすく、かつ、 自動でプログラムのインストールやアップデートが行われるため、システム管理者の手間も省きます。

柔軟なシステム構築と円滑な移行を実現

豊富なオプション機能で、関連システムとのシームレスな連動を実現します。
お客さまの環境に応じて、既存システムの有効活用や段階的な拡張が可能なため、システムの円滑な移行を実現します。

受注生産型の製造業にも柔軟に対応

対応例:受注生産型製造業

課題

個別受注生産型の製造業では、製造する製品が一品一品異なるため、生産効率が上がらず、リードタイムが短縮できない。
また、設計部門では、生産過程で発生するコストを正確に把握することが難しく、高い精度の見積原価が計算できない。

解決

設計BOM(ひな型情報)と生産準備BOM(手配情報)から製品番号BOM(個別受注情報)を生成することで、個別受注生産型の製造業における製品の流用開発を実現します。 また、生産準備BOMで設定したコスト情報を見積BOM(見積情報)にフィードバックさせることで、見積精度を向上させることが可能になります。見積BOMを基に設計BOMを生成すれば、リードタイムの短縮にもつながります。

従来操作を適用したシステムの導入を実現

対応例:従来操作を適用

課題

部品表を表計算ソフトで作成・編集しているため、検索に手間と時間がかかるうえ、履歴の管理も困難になっている。システムの導入も検討しているが、これまでの操作・運用方法を大きく変えたくない。

解決

PowerBOMでは、表計算ソフトのような画面レイアウトと操作性を採用しているため、これまで汎用的な表計算ソフトを利用してきたユーザーでも、抵抗感をあまり感じることなくお使いいただけます。
BOMの情報をお客さまがご使用の表計算ソフトへ出力し、編集した後にBOMへ登録することも可能です。また、各工程の管理情報は、データベースで一元管理。
後工程で前工程の情報を再入力するという重複作業が不要となるため、入力ミスを防止できます。
さらには、設計BOMと生産準備BOMを同時に編集できるため、作業効率の向上が図れます。

ニーズと予算に合わせた段階的なシステム導入を支援

課題

BOM導入時には、周辺システムとの連携に加え、段階的に新たに必要なシステムの導入も視野に入れたいが、拡張性に優れた費用対効果が期待できそうなシステムが見つからない。

解決

PowerBOMは、機能を限定して導入した後、予算に合わせて規模を拡大するということが可能です。
そのため、導入までのハードルが低く、システム構成の変更や規模縮小などが生じた際のリスクを軽減できます。 また、周辺システム(生産管理システム、図面管理システムなど)との連携やデジタルエンジニアリングとの組み合わせなど、ニーズに合わせて柔軟にシステムを構成できるため、既存システムも有効活用できます。
PowerBOMを中核として情報を一元管理することで、正確でスピーディな情報活用が可能になり、高品質・低コスト・短納期の実現に貢献します。

対応例:ニーズと予算に合わせた段階的なシステム導入

「PowerBOM/ST」概要

設計部門から生産部門にわたる部品表の一元管理が可能であり、さまざまな特徴を持った当社のオリジナルソフトウェアです。

PowerBOM/ST概要

「PowerBOM/ST」機能一覧

PowerBOM/ST標準機能一覧です。

PowerBOM/ST機能一覧

導入から稼働までの柔軟なサポート

システム適用に際し、導入から本番稼動まで柔軟にサポート致します。

導入から稼働までの柔軟なサポート