ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

振動試験

振動試験装置を使用して試験体の固有振動数、共振応答、共振倍率、減衰比等の各種振動特性を測定します。一定の振動数で加振し、振動に対する部品の耐久性を調べる振動耐久試験や一様な割合で振動数を連続的に増減して加振し、振動に対する部品の耐久性を調べる掃引振動耐久試験にも対応しています。


振動試験装置

試験装置・仕様

  • 振動試験装置 (CV-600-070)
振動試験装置の仕様
項目 仕様
加振力 正弦波 5.88kN (600kgf)
最大加速度 490m/s2 (50G)
最大速度 0.7m/s
最大変位 51mmP-P (全振幅)
振動数範囲 2〜2000Hz
最大搭載質量 300kg
  • ※冶具と試験体の総重量によって設定可能な最大加速度や振動数等が変化します。

試験方法

アルミ製の台座に冶具と試験体を固定し、正弦波の加振力を与えた時の評価位置における応答を加速度ピックアップやひずみゲージで計測します。