ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

レーダ探査・ロケータを用いてた地下埋設物調査

日立パワーソリューションズは、お客さまの地下インフラ整備のニーズにお応えします。

主な業務内容

  • 土間下の空洞状況
  • 埋設配管・電線の状況
  • 地下埋設物(ごみ・廃棄物)
  • 地中に残置された構造物
  • 配管からの水や油漏洩

特徴

  • 開削工法に比べて、調査時間・コストを大幅に削減
  • 通常でGL-1.0〜2.0m(金属性配管等)
  • 機動性が高く、広範囲を効率よく探査
  • ロケータによる位置・深度の確認
  • 既存の配管図面の確認
  • 図面に無い配管の調査

レーダ探査

概要

地表にアンテナ(送受信器)を設置し、地中に電磁波を放射して、地盤下の地下構造、空洞、埋設物などの存在を非破壊的に探査します。


地下探査装置 SIR-3000


地下探査状況

ロケータ(電磁誘導法)

概要


埋設管(金属)・ケーブル探索機 BLL-200(ロケータ)

配管等調査手順

レーダ法による調査(スクリーニング)


レーダ法による調査の流れ

測線の位置決定

  • 対象範囲にレーダで走査する測線を決定

レーダで走査

  • 調査深度・感度等を調整
  • アンテナを開始点に設置し波形調整
  • 開始点から測線に沿って移動
  • 走査終了後、データを記憶
  • データ確認し、異常点をマーキング、再調査(測線変更など)

取り込みデータ解析

  • 帰社後、現地で取り込んだ各測線でのデータを解析

報告書作成

  • 顧客要望による目的に合せた報告書作成

ロケータ(電磁誘導法)による調査(位置・深度)

レーダ法による調査結果事例

埋設配管


道路横断埋設配管調査結果図

地盤陥没


陥没探査例

長年操業してきた工場は、配管、配線の図面が現状に合致していないことが多く、配管、配線の延長の計画時の支障、工事実施時の未確認の配管、配線によるリスクなど多くの障害や損失が考えられます。また、配管からの水や油漏れには、早急なる対応が必要となります。
当社は、地下に埋設している配管や配線など、現状の位置を確認図面かして安全・安心なインフラ環境整備や環境保全にご協力致します。