ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

サービスの概要

高分子材料、グリース、オイルなどの有機物や金属、セラミックス、ガラスなどの無機物の加熱、冷却または一定温度に保持した際に起こる試料の重量や熱量の変化を検出、解析し試料の熱物性を評価します。

特長

示差熱熱重量同時測定装置(TG-DTA)

TG
温度範囲、昇温・降温速度、一定温度保持時間および各種雰囲気(以下温度プログラム)による重量変化を温度または時間の関数として測定する方法
DTA
温度プログラムによって起こる物理、化学的変化の際の試料温度変化を試料と基準物質の温度差として検出する

示差走査熱量測定装置(DSC)

温度プログラムにより試料と基準物質の温度差を温度または時間の関数として測定する。DTAとは違いDSCはこの温度差を熱量として検出する。

  • DTAよりも感度が良く、ガラス転移など微細な試料の熱変化を検出できるため耐熱性評価が可能
  • 発熱、吸熱ピーク面積から熱量を算出できる(融解熱、気化熱などの評価が可能)
  • 結晶化度、硬化度、熱履歴評価および酸化誘導時間、比熱容量測定に有効

適用分野

固体、液体試料について測定可能

  • 金属材料
  • 高分子などの有機材料
  • 電池電解液や電極層
  • セラミックス
  • グリースやエンジンオイル

事例

  • DSCデータ例(熱可塑性樹脂の主な熱変化)
  • 結晶性樹脂の結晶化度評価例
  • 比熱容量測定例
  • 酸化誘導時間(OIT)測定例
  • 熱硬化性樹脂の硬化度評価例
  • 熱履歴評価例(アニーリングによる変化)
  • 熱履歴評価例(ガラス転移点以上の熱を受けた時の変化)
  • 融点、融解熱および沸点、気化熱の測定例

主な装置・仕様

示差熱熱重量同時測定装置(TG-DTA)


装置仕様
装置名称示差熱熱重量同時測定装置
メトラー・トレド製 TGA/SDTA851e型
天秤水平パラレルガイド方式
必要試料量数mg〜数十mg
測定温度範囲室温〜1600℃(大容量)
昇温速度0〜100℃/min  最小0.01℃/min
降温速度    10℃/分  最小0.01℃/min

示差走査熱量測定装置(DSC)


装置仕様
装置名称示差走査熱量測定装置
メトラー・トレド(株)DSC823e型
必要試料量数mg〜数十mg
測定温度範囲-150℃〜700℃
昇温速度0〜100℃/分 最小0.01℃/分
降温速度0〜50℃/分 最小0.01℃/分