ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

サービスの概要

主に物質を構成する化合物が何であるかの決定や、有機化合物の分子構造解析に用いられます。
化学物種同定や有機化合物の分子構造解析、および有機・無機物の構造解析、反応追跡による分子運動の解析が可能です。

特長

フーリエ変換赤外分光分析(FT-IR)による分析

赤外線領域の光を物質に照射すると、ある特定波長の光が選択的に吸収を受けます。
こうして得られた赤外線領域の吸収スペクトルは、化学構造に基づく物質固有のものであるため、その物質が何であるかを推定することができます。

フーリエ変換赤外分光分析装置外観
フーリエ変換赤外分光分析装置外観

仕様

  • 測定波数範囲:400cm-1〜5,000cm-1
  • 最高分解能:0.5cm-1
  • 検出器:DTGS、MCT
  • アッタチメント:ATR、高感度反射

特徴

  • 顕微赤外による微小部の分析が可能
  • 透過測定
  • 反射測定
  • 全反射測定(ATR)
  • 高感度反射測定(RAS)

試料

  • 固体、液体
  • 顕微赤外透過法:>20μm角

核磁気共鳴分析装置(NMR)による分析

有機・無機化合物の構造解析や化学反応を追跡することによって、分子運動の解析ができます。
磁場中で、核の歳差運動が電磁波エネルギーを吸収してその振幅が変化する現象を核磁気共鳴といい、同じ原子核種であっても、それぞれ化合物中の環境によって吸収するエネルギーは異なるため、検出されるピークから構造解析が可能となります。

核磁気共鳴分析装置(NMR)外観
核磁気共鳴分析装置(NMR)外観

仕様

  • 測定核種:1H 、 7Li 、 13C 、 15N 、 17O 、19F 、 29Si 、 31P など
  • 磁場:11.75T超伝導磁石
  • 共鳴周波数:500MHz(1H)、125MHz(13C)
  • 感度:1H:S/N≧150(0.1%エチルベンゼン、1パルス)

特徴

  • 溶液、液体サンプルの高分解能NMR
  • 固体NMR:3.2mmCPMASプローブ(MAX_22kHz)
  • 特殊測定:緩和時間測定、拡散係数測定ほか
  • 二次元NMR:NMR:COSY、HMQC、HMBCほか
  • 温度可変測定:(溶液:-40〜150℃、固体:-40〜80℃)

試料

  • 液体試料量:0.1%溶液/0.5ml
  • 固体試料量:粉末/0.5ml

適用分野

  • 有機材料の構造解析
  • 無機材料の構造解析
  • 化学反応の追跡
  • 分子運動の解析
  • 半有機、無機材料の同定
  • 有機化合物の分子構造解析
  • 異物分析
  • 表面付着物分析

事例

  • ゴム、樹脂、塗料、接着剤、繊維、油分等の成分分析
  • ラミネートフィルムや被覆材などの多層膜についての各層の成分分析
  • 製造ラインや顧客使用環境で混入した微小異物(破片や付着液体等)の成分分析、および比較材との照合分析
  • 樹脂材等のポリマー組成比分析
  • ゴム、樹脂材料の事故品や試験品について、比較構造解析から構造変化を確認、劣化要因を推定