ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

サービスの概要

敷地境界および排出口での特定悪臭物質(22物質)の分析が可能です。
また、悪臭防止法2号規制基準に準じた臭気拡散シミュレーションシステムで臭気指数の分布を計算し、地図上に表示することができます。

特定悪臭物質

特定悪臭物質(22物質)の臭気強度と濃度の関係

特定悪臭物質名 臭気強度
2.5 3 3.5
アンモニア1ppm2ppm5ppm
メチルメルカプタン0.002ppm0.004ppm0.01ppm
硫化水素0.02ppm0.06ppm0.2ppm
硫化メチル0.01ppm0.05ppm0.2ppm
二硫化メチル0.009ppm0.03ppm0.1ppm
トリメチルアミン0.005ppm0.02ppm0.07ppm
アセトアルデヒド0.05ppm0.1ppm0.5ppm
プロピオンアルデヒド0.05ppm0.1ppm0.5ppm
ノルマルブチルアルデヒド0.009ppm0.03ppm0.08ppm
イソブチルアルデヒド0.02ppm0.07ppm0.2ppm
ノルマルバレルアルデヒド0.009ppm0.02ppm0.05ppm
イソバレルアルデヒド0.003ppm0.006ppm0.01ppm
イソブタノール0.9ppm4ppm20ppm
酢酸エチル3ppm7ppm20ppm
メチルイソブチルケトン1ppm3ppm6ppm
トルエン10ppm30ppm60ppm
スチレン0.4ppm0.8ppm2ppm
キシレン1ppm2ppm5ppm
プロピオン酸0.03ppm0.07ppm0.2ppm
ノルマル酪酸0.001ppm0.002ppm0.006ppm
ノルマル吉草酸0.0009ppm0.002ppm0.004ppm
イソ吉草酸0.001ppm0.004ppm0.01ppm

特定悪臭物質の分析

ガスクロマトグラフ(GC)【炎光光度検出器(FPD)】による分析
 液体アルゴンによる低温濃縮で、硫化水素,メチルメルカプタン,硫化メチル,二硫化メチルの硫黄系ガスを高感度で分析可能です。


敷地境界付近でのガス採取外観


ガスクロクロマトグラフの外観

臭気指数の測定

臭気判定士による三点比較式臭袋法での測定が可能です。

臭気指数等の測定を行うことができる臭気測定業務従事者(臭気判定士)とは、臭気判定士試験および嗅覚検査に合格し、環境大臣から臭気判定士免状の交付を受けた者をいいます。

所有装置・仕様

ガスクロマトグラフ(GC)

日立G-3000形
  • 水素炎イオン化検出器(FID)
  • アルカリ熱イオン化検出器(FTD)
日立G-5000形
  • 水素炎イオン化検出器(FID)
日立663形
  • 炎光光度検出器(FPD)
  • 光電離検出器(PID)
島津GC-2014
  • 水素炎イオン化検出器(FID)
  • 炎光光度検出器(FPD)

大気拡散シミュレーションシステム「かくさんすけっと」

「大気環境を守るために」
人々が安心して住める環境づくり、それは未来へ向けての私たちの責任です。

概要

環境問題に対する社会的意識が高まり、「大気汚染物質」や「有害化学物質」、「揮発性有機化合物(VOC)」、「臭気」、「降下ばいじん」など、環境破壊や健康被害が生じる可能性のある物質の環境中への放出とその影響に対して、厳しい目が注がれるようになってきました。

大気拡散シミュレーションシステム かくさんすけっと」は、地図上で入力したデータをもとに各種環境アセスメント関連マニュアルに準拠したシミュレーションを実行し、計算結果を地図上に表示しますので、環境アセスメントのシミュレーションを容易に実施できるようになります。
また、詳細数値計算機能によって、複雑な地形の影響や気象の空間的・時間的変化も考慮できるので、従来の環境アセスメントで使用する手法より詳細なシミュレーションも可能です。

詳細はこちらへ