ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

サービスの概要

高周波誘導結合プラズマ質量分析装置であれば、微量金属成分を高感度で分析が可能です。
高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)による測定
高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS/MS)による測定
高速液体クロマトグラフ-高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(LC-ICP-MS)による測定

特長

金属元素をppbオーダーまで定量が可能

妨害成分の干渉を除去した高感度分析が可能

高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)による測定
高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS/MS)による測定

ICP-MSは、多くの金属元素を高感度かつ同時分析を可能にする元素分析装置です。タンデム型質量分析装置であるICP-MS/MSは、シングルタイプのICP-MSよりも、優れた感度と干渉除去能力(MS/MS)を有しています。
ICP-MS/MSを活用すれば、これまで検出感度の不足や共存元素の影響等によって分析が困難であった元素に対して、分析の可能性が広がります。


リンの分析例(MS/MSであれば定量下限1ppbを実現)


高周波誘導結合プラズマ質量分析装置
(ICP-MS/MS)の外観

化学種を分離した高周波誘導結合プラズマ質量分析が可能

高速液体クロマトグラフ-高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(LC-ICP-MS)による測定

マトリックス成分の分子イオン生成等で、目的成分と同一質量数の成分が存在するとICP-MSで微量分析が難しくなります。そこで、ICP-MSの前段に、高速液体クロマトグラフ(HPLC)を連結することで、化学種を分離して定量することができます。酸化ガドリニウム(Gd2O3)中の微量イッテルビウム(Yb)の測定は、ガドリニウムの分子イオンであるGdOの質量数と同一であることから、ICP-MS単体では測定が困難となります。そのため、あらかじめHPLCでYbとGdを分離することで測定が可能となります。

適用分野

  • 金属材料の成分分析 
  • セラミックスの成分分析
  • 高分子材料の金属成分分析
  • 溶液中の成分分析

事例

  • 銅中の不純物分析(Mn,Te,Hg,Seなど)
  • オイル中の添加剤金属成分分析(Sなど)
  • 電子材料中の不純物分析(Pなど)
  • 材料中の各種微量化学種の分離定量
  • 微量金属成分の価数別・形態別定量

所有装置・仕様

高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)

アジレント・テクノロジー Agilent 7500a
  • 測定成分:金属元素全般
  • 分解能(感度など):ppb
  • 多元素同時定性・定量分析

高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS/MS)

アジレント・テクノロジー Agilent 8800x
  • 測定成分:金属元素全般
  • 分解能(感度など):ppb
  • 多元素同時定性・定量分析

液体クロマトグラフ(HPLC)

アジレント
  • オートサンプラー、データ処理機能付
  • 測定成分:有機化合物
  • 分解能(感度など):ppm
  • 生体試料、有機物