ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

サービスの概要

陰イオン,陽イオン,有機酸イオンの分析が可能です。
溶液中のイオン種、付着しているイオン種、燃焼させて発生するイオン種の測定が可能です。

特長

イオンクロマトグラフによる測定

水中のイオン種を定量することができます。

定量可能イオン種
陰イオン フッ素イオン、塩素イオン、硝酸イオン、亜硝酸イオン、臭素イオン、硫酸イオン、亜硫酸イオン、リン酸イオンなど
陽イオン アンモニウムイオン、カリウムイオン、ナトリウムイオン、マグネシウムイオン、カルシウムイオンなど
有機酸イオン ギ酸イオン、酢酸イオンなど


イオンクロマトグラフの外観


陰イオン種含有水溶液の測定例

濃縮して微量濃度も定量可能

カラムを利用したイオン種濃縮測定

純水の場合の濃縮定量可能イオン種
陰イオン フッ素イオン,塩素イオン,硝酸イオン,亜硝酸イオン,臭素イオン,硫酸イオン,リン酸イオン
陽イオン アンモニウムイオン,カリウムイオン,ナトリウムイオン

定量可能下限 0.001㎎/L~0.01㎎/L

燃焼させたイオン種を定量可能

燃焼イオンクロマトグラフによる測定

試料を燃焼分解後、ハロゲンまたは硫黄分を吸収液に吸収させ、直接イオンクロマトグラフにて測定します。
有機物や無機物などの各種材料中のフッ素、塩素、臭素および硫黄分析がppmレベルまで測定可能です。


燃焼イオンクロマトグラフの外観


燃焼イオンクロマトグラフの試料例

適用分野

  • 水溶液中の各種イオン種分析
  • 純水の品質管理分析
  • 雰囲気中のイオン種分析
  • 電子材料中の塩素、臭素分析
  • プラスチック中の不純物分析
  • 廃材および廃溶剤中のハロゲン、硫黄分析

事例

  • 工場排水中のフッ素イオン定量分析
  • 水道水中の塩素イオン定量分析
  • 冷却水中の硫酸イオン定量分析
  • ドレン水中の腐食性イオン定量分析
  • 重油中の硫黄分析

所有装置・仕様

イオンクロマトグラフ(IC)

Thermo Fisher SCIENTIFIC
  • オートサンプラー、データ処理機能付
  • 測定成分:陰イオン,陽イオン,有機酸イオン
  • 分解能(感度など):ppb~ppm
  • 飲料水、環境水、めっき液、超純水、半導体関連試料

燃焼イオンクロマトグラフ(IC)

Thermo Fisher SCIENTIFIC
(株)三菱ケミカルアナリテック
  • オートサンプラー、データ処理機能付、自動試料燃焼装置
  • 電気炉温度:Inlet 900℃、Outlet 1000℃
  • 測定成分:陰イオン
  • 分解能(感度など):ppb~%
  • 油,固体試料,RoHS指令関連試料