ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

サービスの概要

実機に発生する多種多様な摩擦・摩耗現象のモデル化を提案し、各種摩耗試験機を用いて摩耗特性を評価します。

特長

摩擦・摩耗現象のモデル化と試験方案の提案

実機で発生する摩擦・摩耗には、さまざまが摺動パターンがあります。実現象を再現できるモデル試験を提案し、摩耗特性を評価します。

摩擦面の分析

摩擦・摩耗の表面観察を併用することで、摩擦・摩耗メカニズムを明らかにします。

適用分野

  • 金属材料
  • 非鉄金属

主な装置・仕様

往復摺動摩耗試験

平板試験片を往復摺動させ、ピン形状の試料を押し当て、摩耗量、摩擦力変化、摩擦係数の変化を測定します。

往復摺動摩耗試験
往復摺動摩耗試験機

装置仕様
項目 仕様
荷重範囲 20〜200kgf
往復回数 20〜1,200rpm
摩擦力検出 20〜200kgf
ストローク 10〜100mm(可変)、Maxストローク:40mmで28.8m/min
温度 R.T.〜150℃
形式 往復摺動
試験環境 大気中、油中、水中

適用分野

  • バルブ材

事例紹介

  • 摺動摩擦時の変化および摩擦係数変化 (SUS630(固定片)、SUS304(可動片))

フレッチング摩耗試験

微小往復摺動する平板試験片にボール形状の試験片を押し当て摩耗量、摩擦力変化、摩擦係数の変化を測定します。

フレッチング摩耗試験機
フレッチング摩耗試験機

装置仕様
項目 仕様
荷重範囲 4〜50kgf
往復回数 0.5〜50rpm
摩擦力検出 2〜50kgf
ストローク 0.1〜1.5mm(±0.75mm)
形式 フレッチング
試験環境 大気中、油中、水中

適用分野

  • タービン部材
  • エンジン部材

事例紹介

  • 水中における荷重と比摩耗量の関係 [FRP(固定片)、A5052P-O(可動片)]

高周速摩耗試験

回転するディスク試料にリング形状の試料を押し当て摩耗量、摩擦力変化、摩擦係数の変化を測定します。

高周速摩耗試験機
高周速摩耗試験機

装置仕様
項目 仕様
荷重範囲 1〜500kgf
回転速度 6〜6,000rpm
温度 R.T.〜750℃
形式 リングオンディスク
試験環境 大気中、油中、水中

適用分野

  • 軸受材
  • ポンプ材

ピンオンディスク摩耗試験

回転するディスク試料にピン形状の試料を押し当て、摩耗量、摩擦力変化、摩擦係数の変化を測定します。

ピンオンディスク摩耗試験機
ピンオンディスク摩耗試験機

装置仕様
項目 仕様
回転速度 300〜2,000rpm
摩擦力検出 〜50kgf
温度 R.T.
形式 ピンオンディスク
試験環境 大気中、油中(滴下)

適用分野

  • ブレーキ材
  • シール材

事例紹介

  • ステップ荷重負荷による摺動摩擦時の摩擦力変化

ころがり摩耗試験

2つの回転円板状試料を押し当て、トルク変化、摩耗量を測定します。

ころがり摩耗試験機
ころがり摩耗試験機

装置仕様
項目 仕様
荷重範囲 20〜500kgf
回転速度 100〜1,200rpm
摩擦力検出 10〜200kgf・cm
温度 R.T.
形式 ころがり
試験環境 大気中、油中(滴下)

適用分野

  • ロール材
  • 歯車材

事例紹介

  • 鋳鉄と炭素鋼の組合せによるころがり特性

ファレックス摩耗試験

回転する円筒試料にV字形状の試料を押し当て、摩擦量、摩擦係数の変化や焼付きの有無を評価します。

ファレックス摩耗試験機
ファレックス摩耗試験機

装置仕様
項目 仕様
最大荷重 1,000kgf
回転速度 50〜2,000rpm
温度 R.T.〜200℃
形式 ジャーナルピン
試験環境 大気中、油中、水中

適用分野

  • ロール材

事例紹介

  • 水道水中における焼付性試験 [Cr合金鋼(ピン)、SS41(Vブロック)]