ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

サービスの概要

各種試験機を利用して材料の疲労特性を明らかにします。
実機構造の要素モデルを検討し、実機を模擬した疲労試験を提案、実施します。また、ひずみへ変位量などの計測を併用し、構造体の信頼性評価に貢献します。

特長

実機構造体の環境に合わせた疲労試験に対応

電気炉や恒温増を併用した疲労試験に対応。実機構造体の環境に合わせた疲労試験に対応します。
モデル試験を提案し、実機を模擬した疲労試験を提案します。

各種計測を併用した疲労に対応

ひずみや変位量などの計測を併用した疲労試験に対応します。実機構造模擬試験においては、局所的なひずみ分布は変位量を計測し信頼性評価に貢献します。

油圧サーボ型疲労試験機
油圧サーボ型疲労試験機 100kN

平面曲げ疲労試験機
平面曲げ疲労試験機

適用分野

  • 金属材料
  • 非鉄金属
  • 実機構造モデル

主な装置・仕様

  • 油圧サーボ型疲労試験機
  • 平面曲げ疲労試験機
  • 回転曲げ疲労試験機
種類 最大荷重 周波数 試験温度 加熱方式 備考
油圧サーボ 100kN 20Hz R.T.〜1,000℃ 高周波加熱 -
油圧サーボ 50kN 20Hz R.T.〜800℃ 電気炉 -
油圧サーボ 50kN 20Hz -50〜350℃ 恒温槽 -
油圧サーボ 10kN 20Hz -50〜350℃ 恒温槽 ベッド有
油圧サーボ 10kN 20Hz R.T.〜200℃ 恒温槽  
油圧サーボ 5kN 20Hz R.T.〜200℃ 恒温槽  
平面曲げ - 25Hz R.T. - -
回転曲げ 30kg 50Hz R.T.〜800℃ 電気炉 -
  • ※試験時の変位量によって、設定可能な周波数値が変わりますので、あらかじめご相談ください。