ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立パワーソリューションズ受託分析サービス一覧

サービスの概要

EUによる電子・電気機器における特定有害物質の使用制限(RoHS指令)をはじめとして、近年有害化学物質の使用を制限する法規制が進んでいます。
RoHS規制物質は、2019年7月にフタル酸エステル類4物質が加えられ、計10物質が規制対象となることが決定されました。
当社では、材料分析等豊富な経験を生かした簡易測定から詳細分析までの評価を、お客様の目的に応じて対応いたします。

特長

簡易(スクリーニング)分析

蛍光X線を用いたスクリーニング分析によって、迅速な大量分析のニーズに合わせて対応いたします。

簡易(スクリーニング)分析

重金属類詳細分析(Cr、Pb、Cd、Hg)

マイクロウェーブ分解法やアルカリ融解法などの適切な前処理によって分解し、正確な含有量を評価することが可能です。


マイクロウェーブ分解装置の外観


ICP-AESの外観


ICP-MSの外観

臭素系難燃材、フタル酸エステル類分析(PBB、PBDE、DEHP、DBP、BBP、DIBP)

燃焼-イオンクロマトグラフ分析法やPy-GC-MSを用いた簡易的な測定から、ソックスレー抽出などの適切な前処理をして、GC-MSで測定する詳細分析まで対応いたします。


燃焼イオンクロマトグラフの外観


GC-MSの外観

適用分野

  • 電子、電気機器類各種部品の含有量評価
  • 金属部材めっき品のCr6+含有量評価
  • 樹脂部材中のPBB、PBDE含有量評価やフタル酸エステル類含有量評価

主な装置・仕様

高周波誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)

パーキンエルマーOPTIMA8300
  • ポリクロメータ型
堀場 ULTIMA2
日立ハイテクサイエンス SPS3520UV-DD
  • 高感度シーケンシャル
  • 測定成分:金属元素全般

原子吸光光度計(AAS)

日立 Z2010
  • 偏光ゼーマン型、フレーム型、フレームレス型
  • 測定成分:金属元素全般

高周波誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)

アジレント・テクノロジー Agilent 7500a、8800x
  • 測定成分:金属元素全般
  • 分解能(感度など):ppb
  • 多元素同時定性・定量分析

分光光度計

日立ハイテクサイエンス U-2900
  • 測定波長範囲 190〜1,100nm

燃焼イオンクロマトグラフ(IC)

Thermo Fisher SCIENTIFIC   ICS-1500
(株)三菱ケミカルアナリテック AQF-100
  • オートサンプラー、データ処理機能付き、自動試料燃焼装置
  • 電気炉温度:Inlet 900℃、Outlet 1,000℃

ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)

島津製作所   QP-2010Plus
  • 四重極型、データ処理装置付き
  • Tenax濃縮(サーマルデソープション)付属
  • Pyパイロライザー(熱分解分析)付属