ページの本文へ

Hitachi

社会・産業/超音波映像装置・検査装置

テストルーム サポート 会員サイト E-CLUB

概要

画像

高分解能で定評があるFineSAT Vをベースに、分解能をさらに向上させたました。
高分解能化の取り組みとして従来から使用する超音波の周波数を上げることが行なわれてきました。 高周波数化は一方で伝搬する媒体中での減衰が大きくなってS/N比が低下するという弊害が大きくなるため、 検査用途には300MHz前後が実用的な最高周波数となっていました。
300MHzの周波数の超音波では、最適条件下では5µm前後の幅のラインパターンの認識に留まり、 最新LSIパッケージに適用されつつあるTSV、Cuピラー等の微細構造体の検査に対しては適用できないことがあります。
FineSAT HR は、このような超音波検査装置の限界を超えるために新しい電気回路を開発し、分解能を向上させることに成功した機種です。

製品構成

  FS100VHR FS200VHR FS300VHR
対応プローブ周波数(MHz) 5〜75 5〜140 5〜300

本製品へのお問い合わせ

本製品へのお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは電話対応窓口まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ